体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当にフードデリバリーサービス「UberEATS」はやってくるのか? 花見の予行演習で試してみた

f:id:Meshi2_Writer:20170129221245j:plain

アプリで注文するとできたてのメニューを配達するサービス「UberEATS(ウーバーイーツ)」をご存じでしょうか? アメリカで人気のハイヤー配車アプリ「UberEATS」が開始したフードデリバリーサービスです。大まかにいってしまうと、スマホの専用アプリから好きなお店や料理を簡単に選べて、デリバリー注文ができるというもの。

日本でも2014年からハイヤー配車アプリUberが配信され、2016年の9月からはこの「UberEATS」も開始して、徐々に定着しつつあります。

行列に並ばず人気店の味が手元に

まずは「UberEATS」とはどんなサービスなのか。オフィスにうかがって話を聞いてみました。

──日本に入ってきて間もない「UberEATS」ですが、まずは利用できる地域とどういったメニューがあるのかお聞かせいただけますか?

「UberEATS」は、サンフランシスコやロンドン、パリなど、世界20カ国以上で提供されており(2017年2月時点)、毎週のように提供エリアが増えています。国内のサービスエリアとしては、東京の港区や渋谷区限定でサービスを開始しましたが、現在は新宿区、世田谷区、千代田区、目黒区の一部エリアにも拡張しています。提携しているレストランパートナー数はサービス開始当初から継続的に増加しておりまして、イタリアン「ダルマット」、焼き肉レストラン「トラジ」、ドーナツ専門店「クリスピー・クリーム・ドーナツ」など、人気店にご参画いただいております。

──レストランクオリティの料理を、行列に並ばずに楽しむことが出来るのが特徴とのことですが、中でも人気の店舗やメニューを教えていただけますか?

根強い人気なのが、ハンバーガー系ですね。テイクアウトのイメージを想像しやすいのではないでしょうか。カスタマイズできるサラダの専門店も、ランチタイムに注文する方には人気です。

f:id:Meshi2_Writer:20170129221556j:plain

▲「UberEATS」の配達員はこのキャリーバッグにフード&ドリンクを入れて運ぶ。料理が冷めないようにする保温への気配りや、配達員のために軽量化を施してあるのだとか

──飲食店へ料理を取りに行って、注文したお客さんまで運ぶ配達員が、登録制というのも独特ですよね。どういった方が多いのでしょう。

配達員は、現在1,000人以上が「配達パートナー」として登録しています。自分の好きな時間に働き、好きな時間に休むことができるシステムです。どういう方が多いかというと、芸能の道を目指されている方や、アーティスト、学生、主婦の方、就職・転職の合間に働いている方も多いですね。

──「配達パートナー」になるにはどうすれば?

「配達パートナー」としてご登録される際は、まず講習会にご参加いただきます。そこで配達全般に関する講習や書類審査を含めた登録を行うのですが、その際に配達用のバッグなどもお渡しします。講習・登録が終われば、アプリを立ち上げるだけでお好きなタイミングで働くことができるようになります。

f:id:Meshi2_Writer:20170129222544j:plain

▲見た目はデカいけれど、背負ってみると意外と軽い

飲食店側へのメリットも

──他のフードデリバリーサービスとの違いを教えてもらえますか?

最大の特徴は「UberEATS」のアプリ上ですべてが完結する点でしょうか。アプリを立ち上げて数回タップするだけで注文ができて、料理が自分のいるところまで届き、キャッシュレス(クレジットカード決済)でやりとりができる。利用者目線に立った、なるべくシンプルな操作で、お好きな料理が素早く届くようなインターフェイスを設計しています。おかげで「自炊しなくなってしまった」というユーザーの方の声もあるくらいです(笑)。

また、メニューの豊富さも特徴として挙げられます。デザートや精進料理、コース料理中心のイタリアンレストランのパスタだけを注文できたりします。

──確かに、ヘビーユーザーの中にはそんな方もいるでしょうね。

レストラン側にもメリットがあります。これまで、レストランがデリバリー事業を始める際、今までは店舗側で出前用の人員や車両の確保が必要でした。「UberEATS」を利用していただくことにより、そういった固定費に投資することがなくなり、これまでデリバリー事業に踏み出せなかったレストランも参入できるようになりました。

「UberEATS」開始時点で150店舗以上のレストランパートナーにご登録いただきましたが、そのうち6割が今までデリバリー事業を実施していませんでした。また、ユーザーが今まで知らなかったレストランや料理をアプリですぐ選んで頼むことができるので、新規顧客を開拓する媒介として捉えていただいています。

──今後、「UberEATS」で新しい機能などは出てきますか?

今まではなかったのですが、2016年から予約機能が実装されました。希望の日時を指定して注文することが可能になりました。

「UberEATS」を試してみる

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。