体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

南の島のバー「かぶやぁ」で国内外のラムと島フードに酔う【石垣島】

f:id:mesitsu_la:20170215215852j:plain

夜の蝶ならぬ○○○○が待つカウンター

こんにちは、石垣島出身・京都在住のメシ通レポーターの泡です。

そろそろゴールデンウィークの予定を立て始めた方も多いのではないでしょうか。

今回は、石垣島旅行を計画しているアナタにぜひおすすめしたいバーがございまして。

計画をしていないお方もこの記事をご覧になって、「南の島で酔っぱらうのもいいなぁ」という気分になっていただけたら幸いに存じます。

そのお店の名は「かぶやぁ」。

石垣島のディープな飲み屋街、十八番街にあります。

以前に紹介したヤギ料理が食べられる居酒屋「酒肴屋 迷亭」のほぼお隣という立地。

f:id:mesitsu_la:20170215215948j:plain

バスターミナルから美崎町という繁華街を西へ抜けて、徒歩5分ほど。

f:id:mesitsu_la:20170215220004j:plain

国道沿いにある「かみやーき小」という、かまぼこ店(左側の建物)の横の通りを北上した2筋目の角にあります。

f:id:mesitsu_la:20170215220021j:plain

周辺はスナック黄金地帯。年季の入ったビルの一角で目を引くしゃれた店構えです。

f:id:mesitsu_la:20170215220103j:plain

目印はこの看板。

f:id:mesitsu_la:20170215220124j:plain

白を基調にした店内はカウンター6席とテーブルがひとつ。

島の木工作家に依頼したという島センダンのカウンターはとてもなめらかで、木の形を活かした自然なカーブが素敵。

f:id:mesitsu_la:20170215220148j:plain

テーブル席は4人がけ。

f:id:mesitsu_la:20170215220208j:plain

迎えてくれるのは、長川千佳子さん(左)と、松本尚子さん(右)

千佳さんこと千佳子さんは脚本家、尚子さんはデザイナーとして共に東京で働きながら、鳩間島など八重山の離島が好きで10年以上通い続けていたそうです。

2015年、離島愛が高じたお二人は相次いで石垣島に移住し、千佳子さんが開店したバーに尚子さんが頼もしい相棒として加わりました。

人口や街の規模に対して飲食店の数はかなり多い石垣島ですが、居酒屋さんやスナックに比べるとバーは少なめ。特に、昔ながらのある意味スリリングなスナックが多い十八番街では、カラオケのない女性オーナーのお店というのは希少なのです。

f:id:mesitsu_la:20170215220334j:plain

店名は八重山地方の古い方言でコウモリのこと。

コウモリといえば洞窟にひっそり生息しているイメージでしょうが、南国のやつらはおおらかというか大胆というかで、島の夜空を自在に飛び回っているのをよく見かけます。これがまた、ヤエヤマオオコウモリという名の通り、でかい! 子どもの頃は悪魔の使者のようでとても怖かった……。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。