ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【牡蠣料理記事まとめ】まるまる太った牡蠣をいただく幸せ【極上のプリプリ感】

f:id:Meshi2_IB:20161106021654j:plain

牡蠣が美味しい季節です! もうドキドキわくわく、幸せな気分のメシ通編集部です!

この上の写真を眺めているだけで、もう昇天しそうな勢いです。

ああ、今日は牡蠣の季節がもうすぐ終わってしまうのを惜しんで、メシ通厳選の牡蠣記事をお送りしましょう。

まず最初は、日本全国、そして外国からの厳選された牡蠣を堪能できるこのお店から。

【最高品質】牡蠣の達人に教わる「絶品すぎる牡蠣」ベスト10を食べ比べてみた

f:id:Meshi2_IB:20161106023935j:plain

ご覧ください、この牡蠣の数々。

こちらは、日本、そして外国からのものも合わせた絶品牡蠣とそれに絶妙にマリアージュするお酒を紹介する記事でございます。

なにはともあれ、見ただけでアドレナリン噴出、即昇天してしまいそうな牡蠣をご紹介していきましょう!

f:id:Meshi2_IB:20161106024234j:plain

牡蠣の指南をしてくれるのは恵比寿牡蠣ツ端(かきつばた)」店長の本田さん。

本田さんは日本におけるオイスターバーの黎明期だった12年前、都内のオイスターバーの料理長として日本各地の牡蠣を取り扱っていました。

それ以来、産地の生産者さんと直接取引きしているのだそうです。

トップバッターは、本日一番の濃厚さを誇るこちら!

北海道 仙鳳趾(せんぽうし)

f:id:Meshi2_IB:20161106093706j:plain

大きい!!!!

「非常にクリーミーで濃厚、白子みたいな濃厚さです。食べ方は生でも焼きでもOKですが、お好きな方はやっぱり生ですね。焼いても焼き縮みが少ないのでいいですよ」

とろける! クリーミー! まさに海のミルク!

f:id:Meshi2_IB:20161106093948j:plain

この牡蠣に合うお酒も紹介してもらいました。「二世古」(北海道)です。

「牡蠣と日本酒って、まあ何を合わせても美味しいんですが、目安として地域を合わせるのも良いんですよ。牡蠣って、森から流れ出て海に注ぐ水で育つじゃないですか。お酒も同じ水で作ったものが合うと思うんですよ」

そんな感じで、10種類の牡蠣の特徴と、それに合うお酒をどんどん紹介していきます。

f:id:Meshi2_IB:20161106094405j:plain

小粒だけで濃厚な宮城浜市(はまいち)クリーミーパールと、魚介系に合う「日高見」(宮城)

f:id:Meshi2_IB:20161106094704j:plain

兵庫 室津(むろつ)は大きくて丸みがあり、

「貝柱に甘みがあって、塩分とクリーミーさのバランスがいいです。これは洋風にしてみましょうか」

f:id:Meshi2_IB:20161106094851j:plain

カクテルソースを添えて。

スペインのスパークリングワイン「カヴァ」でいただきます。

ここだけ、オイスターバーになりました!

f:id:Meshi2_IB:20161106095010j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy