体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【テレビ全録派鼎談】その1:全局録るだけではダメ 本当の全録環境とは?

【テレビ全録派鼎談】その1:全局録るだけではダメ 本当の全録環境とは?

ガジェット通信は2008年11月、全テレビ局の番組を同時録画するレコーダー『SPIDER』を開発するPTPの創業メンバーの1人 である竹中直純氏と、ワンセグ放送を24時間全局録画するシステム『24時間ワンセグ野郎』の開発者で、ガジェット通信でもおなじみ『MobileHackerz』のMIRO氏による対談記事を連載しました。対談のテーマは「新しいテレビの楽しみ方を探る」というもの。全局を同時録画する“全録”環境による新しいテレビの楽しみ方を提案し、地上波アナログ放送が終了する2011年にテレビの視聴がどう変わっていくかを予測したこの連載から3年が経ちました。その後テレビをめぐる環境はどう変化し、さらに今後のテレビ視聴はどうなっていくのでしょうか。

今回は竹中氏、MIRO氏に加えて、PTPの代表取締役社長の有吉昌康氏を迎えた3名による鼎談(ていだん)を企画。『ニコニコ動画』を運営するニワンゴ取締役も務める竹中氏、現在は『ニコファーレ』の開発に携わるMIRO氏、そして地デジ版『SPIDER』の発売を控えた有吉氏という“テレビ全録派”の面々に、テレビの今とこれからを語っていただきます。

聞き手:ガジェット通信 宮原俊介(shnsk)

全録の理解は進んだのか

宮原:前回の対談で2011年のテレビ視聴はどうなっているか、という予測をしていただきました。

・テレビ局全局を録画する全録環境は急速には普及しない
・テレビは情報弱者のメディアになり、結果テレビ離れは進まない
・テレビからお金がなくなっていく
・テレビとネットなど、メディアの境界線が溶けていく

この予測を検証しながら、テレビの現状とこれからを見ていこうと思います。まず竹中さんは「全録環境は急速には普及しないだろう」とおっしゃっていました。

竹中:当たっているんじゃないですか。

宮原:でも全録環境は普及はしないと言いつつ、東芝の『CELL REGZA』が登場して、その後機器のラインアップは増えて身近なものになりつつあると思います。その状況というのは、どう思われますか。

竹中:前回は全録環境というものが理解されてないからと言ったんですかね。

宮原:ユーザーの意識が、それを進んで取り入れようというところまでいかないだろう、ということでしたね。

竹中:社会的にというか、大メーカーが作れたものというのが『CELL REGZA』なんだとすると、『CELL REGZA』は確かに全部録るという機能があるわけですが、その先が全然ないわけですよ。

それに加えて、別方面から『GoogleTV』みたいなものがきて、テレビに能動的に関わるということが、「メタデータ(※)とかインターネットにあるものを映像と等価に扱う」ということと、「全部録る」ということが今のところ分離した状態でしょ。大メーカーの中ではね。だから、ここの理解が一般の方の理解なんだと思うんですよ。
(※編集部注:「メタデータ」は、データに付加するデータのこと。ここでは、テレビ番組やCMに関する、放送日時や出演者など、あらゆる関連情報を指す)

残念ながら、PTPの『SPIDER』というのは一般の人が広く知っているというような状態ではまだないので、そうなってないわけですが、そういう意味で普及してないというのは当たり。

MIRO:全録環境という意味で、全局録画することはできる。けれども、形だけで概念として根付いてない。全録することが目的じゃなくて、全録することで何ができるのか、というところにまだ意識が追いついてない。というのはありますよね。

見たいものをすぐ見られる“ニュータイプ”のテレビ観

竹中:概念を表す言葉がないというか。一方で、現在『SPIDER』のアナログ版を持っている200世帯の人たちは、子供がいるところだと生まれた時から『SPIDER』があるような環境で、僕らには想像もつかないようなテレビ感を持った子供が育ちつつある。そこは急激に深くテレビについて、別に言葉がなくても当たり前に次世代感を持っている人たち。ニュータイプは生まれているような気がしますね。

MIRO:全禄でなくとも、今の子供は結構もう『YouTube』やらなにやらで、見たい動画はその場で出てくるのが当たり前になってますよね。録画に関しても、見たい番組は押したら出てくるのが当たり前になっている。押したら出てくるのは子供が好きな番組は僕が予約をしているからなんですけども、「○○見たい」「いや、まだ放送してないよ」というと、非常に不思議な顔をするというのが現実としてあるんですよね。

そういう感覚は、実は今放送されている全番組に対しても、ちゃんと適応できるんだよ。ということがまだ理解されてないし、そうなったらなったで全部録画した後にどうやって膨大なコンテンツを使っていくのか、というところにまだ意識がいってないというのはもったいないな、と思いますね。

「全録環境があることでなにができるか」というビジョン。ひとつはかなり理想に近い形でそれこそ『SPIDER』が実現していると思うんですけど、それが本当の正解なのかどうかというのはまだまだ試行錯誤の余地があるかもしれないですよね。

オンデマンドサービスがあれば全録は不要?

竹中:各放送局がオンデマンドに対応すれば『SPIDER』はいらないってよく言われます。でもそうならないわけですから。

有吉:なったとしてもそれは大きな間違いですよね。

竹中:例えば、全部の番組がね。手元にあるという状態はいまのところ『SPIDER』が一番うまくできている環境じゃないですか。これが例えば今は1週間とか2週間とかですけども、3か月とか半年とかになったときに、世界は変わるんでしょうか。

有吉:ストレージが? 

竹中:ストレージとかじゃなくて、本当にその1週間だけとかじゃなくて半年前までありますとか、1年前までありますとか。

有吉:関係ないと思います。1週間で十分じゃないですかね。

竹中:1週間で十分なんですかね。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。