ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Megaupload閉鎖&関係者逮捕 そしてこの事件の問題点とは?(前編)

Megaupload閉鎖&関係者逮捕 そしてこの事件の問題点とは?(前編)
この記事では以下の点について述べていこうと思います。

1,Megauploadとは?そしてサイトの問題点とは?

2,Megauploadはどのようにサイトを運営、利益を出していたのか?

3,Megauploadとアーティスト彼らを取り巻く関係について。(これは後半に)

1,Megauploadとは?そしてサイトの問題点とは?

まず渦中のMegauploadというサイトについて簡単におさらいしてみたいと思います。

wikipedia先生に聞いてみると

Megauploadというサイトはオンラインストレージサービスの一種で、ユーザー登録なしで500メガバイト、登録すると2ギガバイトものファイルをアップロードすることができます。

またこの際にダウンロードURLが発行され、これらのアップロードしたファイルは不特定多数のユーザーに公開することができます。

このように2ギガものファイルを気軽にアップロードできるとなると、ユーザーたちはアプリケーションや音楽などのコンテンツを違法にアップロードしようと考えます。この際普通のサイトはこれらのファイルを削除し対応しますが、このMegauploadはファイルの削除がされにくかったことにより人気を集めました。

そしてこのサイトが圧倒的な人気を誇った理由としてリワード(報酬)が有ったことが挙げられます。

具体的には、私がAというファイルをアップロードし公開します。そしてほかのユーザーがAというファイルをダウンロードするたびにポイントが入ってきます。

このポイントというのが問題で、このポイントを利用してダウンロードの際の速度制限を解除したり、アップロードされた動画を無制限で見ることができます。さらに問題だったのはこのポイントをpaypal経由で換金できることにあります。

言い換えるならば人気のあるファイルをアップロードすればお金が儲かるわけです。(そのファイルが合法的な物かどうかにかかわららず)

このことによってMegaupload側はサイトのアクセス数が増え、それに応じ広告収入が増え、ユーザー側もリワードを得ることができ、双方ともに利益を得ることができるわけです。

これこそがMegauploadとほかのファイルストレージサービスの違いです。

このように他人の著作物で利益を出せることが大きな問題点だと筆者は感じます。

2,Megauploadはどのようにサイトを運営、利益を出していたのか?

次にこの事件を取り上げているGigaom.comの記事を引用したいと思います。

MegaUpload was primarily hosted in Virginia by a web hosting provider called Carpathia Hosting. Carpathia leased more than 1000 servers with a total of 25 petabytes of storage to MegaUpload.

Megauploadはサイトの運営にヴァージニアのCarpathia Hostingという運営サイトを主に使い、このCarpathia Hostingは25ペタバイトものHDD容量と1000以上のサーバーを提供していた。

MegaUpload had its second big data center in the Netherlands, where web host Leaseweb rented and hosted close to 700 servers for the company.

Megauploadは2番目に大きなデータセンター(データの保存施設)としてオランダにあるLeasewebという会社から700近くのサーバーを借りていた。

またAFPBBによると1億7500万ドル(約135億円)の利益を得ていたとの話です。

これらの記事を見て出てくる疑問は、これだけの規模のサーバーやストレージ(HDDのことだと思って)を維持する資金がいったいどこから出てきたのかということです。

 いったいどのようにしてこれほどの維持費や利益を出していたのでしょう。

この理由として、広告収入、そして有料会員の収入が挙げられます。

まず広告収入ですが、これは皆さんも知っている通りサイトに広告を置くことによって得られる収入です。

また広告は基本的にページビュー(1日のサイトの訪問者数)が多ければ多いほど広告費も上がるのでこれが上で述べたリワードに関係していると思われます。

さらに有料会員の収入ですが、これは通常Megauploadは1日にダウンロードできるファイルの容量が決まっていルことと関係しています。つまりたくさんファイルをダウンロードしたいヘビーユーザーは様々な制限のない有料会員になります。このことによってまた収入が入るわけです。

これらがMegauploadの利益と維持費を生み出していたわけです。

今回久しぶりに記事を書いてみたわけですが、至らぬ所や間違いがあると思います。

その際はコメントいただけるとうれしいです。

なるべくソースを確認しわかりやすく書いたつもりですが、分かりにくい点多いかもしれません、そこはお許しを。

後半はMegauploadのビデオとその裏の狙いについて書いてみたいと思います。
※この記事はGAGAZINEさんよりご寄稿いただいたものです

生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy