ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

松原大臣、北朝鮮の拉致問題解決に強い意欲

松原仁拉致問題担当相

 松原仁拉致問題担当大臣は2012年1月13日、官邸で行われた大臣就任後の初会見で、金正日総書記の死去に伴う北朝鮮の指導体制の変化による拉致問題解決への影響について、「新しい指導者に変われば、いつの時代でもひとつの転換点になるのは様々な歴史が証明している」と語り、「膠着状態であった拉致問題に対して新しい北朝鮮側が対応を始める可能性がある」と今後の北朝鮮側の動きに期待を寄せた。また、「その可能性を作り出すための努力をしていかなければならない」と述べ、拉致問題解決に強い意欲を示した。

 松原氏は、野党時代から超党派の国会議員による「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」の事務局長などを努めてきた。拉致被害者の家族会からの信頼も厚く、今回の松原氏の大臣就任を歓迎している。

■松原拉致問題担当相とニコニコ動画記者(七尾功)との一問一答

七尾記者: 北朝鮮の指導体制が変わったことで、拉致問題解決にどのような影響を及ぼすと考えていらっしゃるのか、大臣のお考えをおきかせください。

松原仁拉致問題担当大臣: これから様々な分析をしていくわけでありますが、新しい指導者になったということは、いつの時代でもひとつの転換点になるのは様々な歴史が証明しているところであります。そういったことから含めて、従来膠着状態であった拉致問題に対して、新しい北朝鮮側も対応を始める可能性はあるだろうと。また、その可能性を作り出すための努力をしていかなければならないと。そういう認識でおります。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 七尾記者の質問から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv77638688?po=news&ref=news#00:48:55

(七尾功)

【関連記事】
野田改造内閣が発足 社会保障と税の改革に向けて「最善かつ最強の布陣」
野田改造内閣の閣僚名簿が発表
小沢一郎「消費税増税は国民に対する背信行為」 小沢×田原対談全文(前)
民主党離党の内山議員ら新党立ち上げへ
野田政権の増税方針は「悪手」 経済学者・飯田泰之

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。