体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アウトドア=SUVなんて先入観に惑わされるな! 軽自動車、ウェイクで遊びに行こう

▲とにかく背が高いダイハツ ウェイク。初めて乗るとあまりの天井の高さにびっくりしますが、ラゲージの収納力は抜群……!?

▲とにかく背が高いダイハツ ウェイク。初めて乗るとあまりの天井の高さにびっくりしますが、ラゲージの収納力は抜群……!?

突然ですが、このCMに覚えはないでしょうか

車のルーフをギコギコとのこぎりで切る男性。そこに現れた弟が、「あんちゃん、何してんの!?」と話しかけます。それに対し、「これでみんなのゴルフバッグ縦に積めるだろ」と満足げに話す兄。「あんちゃん……」と弟が絶句し、兄はゴルフバッグが車内に縦に積まれた車を見て、「なんだこの車ー!」と絶叫。

そう、「ドデカクつかおう。ウェイクだよ」のフレーズでお馴染み、ダイハツ ウェイク(現行型)のCMです。

このCMのとおり、ウェイクは超トールワゴン。一般的にトールワゴンといわれる同社のタントが全高1750mmに対し、ウェイクはなんと1835mm。日本人男性の平均身長が168cmくらいなので、そこらへんの男性陣よりウェイクの方が背が高いことになります(笑)。この高さには賛否両論あるとは思いますが、たくさんの荷物、特にゴルフバッグやスキー板、ボードなど長さのあるものを積むときには大活躍間違いなし。アウトドアにはSUVなんて先入観は捨てて、ちょっとウェイクに目を向けてみませんか? というわけで、今回はウェイクに乗って行くアウトドアプランをご提案します!

▲荷室高が1140mmという驚異の高さ。それ以上の高さのものも、ある程度なら斜めにすれば収まるので、荷物の多いアウトドアでは大活躍。もちろん、買い物などの普段使いにも威力を発揮するでしょう

▲荷室高が1140mmという驚異の高さ。それ以上の高さのものも、ある程度なら斜めにすれば収まるので、荷物の多いアウトドアでは大活躍。もちろん、買い物などの普段使いにも威力を発揮するでしょう

ウェイクに乗ってアウトドアを快適に!

その1、ゴルフバッグを縦に積んでも余裕♪

まずは大人の遊びのド定番、ゴルフ! 高さのない車では、ゴルフバッグなどは横にして積むのが普通だと思いますが(そもそもゴルフバッグを積めない車もありますが……)、ウェイクならばゴルフバッグを縦に積めるので、3つくらいは余裕で積めちゃいます。取り出すときもどれでも楽に取り出せるので、「自分のバッグが下の方に積まれていて取れない……」なんてこともありません。

筆者も一度、撮影でゴルフバッグを縦に積んでみましたが、本当に余裕で入ります。ただし、ゴルフバッグ1つだけを縦に積むと左右にスペースができてしまい、車が揺れた際に左右に揺れてしまうので、何かしら固定する工夫は必要かもしれません。

▲こちらは荷室にゴルフバッグを積んだもの。高さのあるゴルフバッグも余裕で収まります

▲こちらは荷室にゴルフバッグを積んだもの。高さのあるゴルフバッグも余裕で収まります

その2、スキー板やスノボを積んでも室内広々

次にご紹介するのは、今の季節にぴったりなスキーやスノボ。車でスキーやスノボに行ったことがある人は分かると思うのですが、軽自動車やコンパクトカーくらいのそんなに大きくない車で行くとかなり窮屈なんですよね……。スキー板やボードは横にして積んで、それに加えてスキーウェアやブーツ、帽子や手袋など荷物がかなりかさみます。

ウェイクであれば、長いスキー板やボードも斜めにすればラゲージに収まります。ほぼ縦に収納できるので、その他の荷物もラゲージに収納することが可能。大荷物のアウトドアでも、車内で快適に過ごすことができます。もちろん、4WDもしっかり設定されているので、雪道でも安心です。

▲こちらはスキー板などを積んだものではありませんが、ラゲージの活用例の一つ。棚を使って2段にすれば収納の幅も広がります

▲こちらはスキー板などを積んだものではありませんが、ラゲージの活用例の一つ。棚を使って2段にすれば収納の幅も広がります

中古の軽で100万円以上は本当に高い?

さて、そんなアウトドアにぴったりなウェイクですが、発売から約2年が経ち、徐々に流通量が増えています。1月26日時点では約850台になりました。

オススメは本体価格140万円以下の物件。低価格帯は修復歴ありのものが多いですが、本体価格120万円あたりからは修復歴なしの物件も多く見受けられます。走行距離はどれも少ないので、それほど気にする必要はないでしょう。また、程度のいい物件が多いので、支払総額も本体価格+10万円以内で収まっているものがほとんどです。

「でも軽自動車の中古で120、130万円って高くない?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。……が、よく考えてみてください。これでがんがんアウトドアに行けるとしたら? ゴルフやスキー、スノボ、キャンプがより快適に楽しめるとしたら? そして、アウトドアの定番と思われがちなSUVを買うことを考えたら? ……安いんじゃないでしょうか?

ちょっとでも「アリだな」と思った方、ぜひウェイクの物件をチェックしてみてください!アウトドアが楽しくなる車、ウェイクを探す▼検索条件ダイハツ ウェイク(現行型)×本体価格140万円以下×総額表示ありtext/編集部

photo/篠原晃一、ダイハツ

関連記事リンク(外部サイト)

日産 ジュークの中古車を探す
ホンダ ヴェゼルの中古車を探す
マツダ CX-3の中古車を探す

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。