ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電車で席を譲るのもカンタン!モバイルアプリ版マタニティマーク「Babee on Board」

モバイルアプリ版のマタニティマーク「BabeeOnBoard」交通機関などを利用する際に、周囲に妊娠していることを知らせる“マタニティマーク”は、日本のみならず、中国や韓国といったアジア諸国やイギリス、フランスなどの欧州でも広がってきた。

妊娠初期でも、これを身に着けることで妊娠中であることを周囲に伝えられるのが利点だが、車内が混雑していると、マタニティマークが多くの乗客から見えづらく、座席を譲るなど、必要なサポートにつながらない面も指摘されている。

・モバイルアプリ版マタニティマークがロンドンで誕生

妊婦用アプリ「Request Seat」と一般乗客用アプリ「Offer Seat」「Babee on Board(ベイビー・オン・ボード)」は、英ロンドンのイノベーションコンサルティング会社「10x」が開発したモバイルアプリ版のマタニティマークだ。

妊娠中のユーザが利用する「Request Seat(リクエスト・シート)」と妊婦に座席を譲る意思のある一般ユーザが使う「Offer Seat(オファー・シート)」との2つのアプリで構成。

電車などに乗車した妊婦が、スマホアプリ「Request Seat」の画面ボタンをタップし、“席を譲ってほしい”という意思を示すと、Bluetoothを通じて、半径15フィート(約4.5メートル)以内にいる「Offer Seat」のユーザに、座席を求めている妊婦がいることが通知される仕組みとなっている。

・日本の大都市圏でも活用できそう

「Offer Seat」は無料アプリである一方、「Request Seat」は3.99ポンド(約566円)の有料アプリ。

収益はすべて、発展途上国の子どもへのサポートに取り組む「Project Healthy Children」に寄付される。

「Babee on Board」のように、モバイル端末とデジタルネットワークを組み合わせた、モバイル時代ならではのマタニティマークは、日本の大都市圏でも大いに活用できそうだ。

Babee on Board

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy