ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第146回「芥川賞・直木賞」候補作が決まる 結果発表の「瞬間」をニコ生中継へ

 第146回「芥川賞・直木賞」の候補作が2012年1月6日、同賞の選考をおこなう日本文学振興会から発表された。今月17日に選考会がおこなわれ、受賞作品が選出される。

 「芥川賞」(芥川龍之介賞)は、新聞・雑誌に発表された純文学短編作品中で最も優秀なものに贈られる賞。主に無名もしくは新進作家が対象とされる。直木賞(直木三十五賞)は、新聞・雑誌あるいは単行本として発表された短編・長編の大衆文芸作品中で最も優秀なものに贈られる賞。主に無名・新進・中堅作家が対象とされる。(文藝春秋サイトより)

 今回両賞の候補作に決定したのは以下の通りだ。(敬称略)

■第146回芥川龍之介賞候補作品(作者名・五十音順)

・石田千「きなりの雲 」(群像10月号)
・円城塔「道化師の蝶」(群像7月号)
・田中慎弥「共喰い」(すばる10月号)
・広小路尚祈「まちなか」(文學界8月号)
・吉井磨弥「七月のばか」(文學界11月号)

■第146回直木三十五賞候補作品(作者名・五十音順)

・伊東潤「城を嚙ませた男」(光文社)
・歌野昌午「春から夏、やがて冬」(文藝春秋)
・恩田陸「夢違」(角川書店)
・桜木紫乃「ラブレス」(新潮社)
・葉室麟「蜩ノ記」(祥伝社)
・真山仁「コラプティオ」(文藝春秋)

 なお、選考会終了直後の結果発表の瞬間となる紙の張り出しや、受賞者による記者会見などがニコニコ生放送で中継される。番組は1月17日17時30分開始予定。

第146回 芥川賞・直木賞 受賞者記者会見を生放送!

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]第146回 芥川賞・直木賞 受賞者記者会見 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv76739590?po=news&ref=news

(丹羽一臣)

【関連記事】
角川とニコ動が描く電子書籍の未来とは? 角川歴彦×川上量生 対談全文
「エロには知性が必要だ」米米CLUB・石井竜也がニコ生で”アートな”下ネタトーク
第2回「このラノ」大賞は谷春慶「モテモテな僕は世界まで救っちゃうんだぜ(泣)」に
直木賞受賞の池井戸潤さん「賞金100万円の使い道、ニコ動で考えて」
作家・高橋源一郎氏、文章上達には「他人に読んでもらうこと。恥ずかしいし、やる気になる」

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。