ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボノボ、日本の社会現象をテーマにした最新MV公開

ボノボ、日本の社会現象をテーマにした最新MV公開

 ボノボが、1月13日にリリースしたニューアルバム『マイグレーション』より、「No Reason (feat. Nick Murphy)」のミュージックビデオを公開した。

 日本の社会現象“引きこもり”がモチーフの同ビデオは、VFXやポスト・プロダクションを一切使わないワンカット撮影で製作された。手がけたのは、2016年にUK Music Video Awards 最優秀新人ディレクター賞を受賞したロンドンの若手映像監督・脚本家であるオスカー・ハドソン。ビデオについて同氏は「サイモン(ボノボ)は、ツアー中に出会った風景や訪れた場所と彼自身との関係の中から、新しいアルバムのインスピレーションが生まれたと話してくれた。そのテーマについて深く考え、調べていくうちに“引きこもり”という日本の若者の間に起こる現象について知ったんだ。」と話している。

 なお、原宿のBeams Recordsでは1月22日までボノボのポップアップショップが開催される。『マイグレーション』のアートワークを手掛けたニール・クラッグの写真展示やMVの放映が予定されている。また、トートバッグ付セットの限定販売も行われ、購入者には先着50名限定でポストカード・セットがプレゼントされる。そのほか、ミュージックビデオにリンクした、ニール・クラッグによる色鮮やかな風景写真が多数掲載されているZine(小冊子)も無料配布されている。

<オスカー・ハドソン – コメント>
「No Reason」は、とても心を揺さぶる曲で、この仕事を受けた瞬間から、その効果を反映させた映像にする必要があると確信していた。サイモン(ボノボ)は、ツアー中に出会った風景や訪れた場所と彼自身との関係の中から、新しいアルバムのインスピレーションが生まれたと話してくれた。そのテーマについて深く考え、調べていくうちに“引きこもり”という日本の若者の間に起こる現象について知ったんだ。彼らは、日常生活のプレッシャーに圧倒され、何年も寝室に篭り、そこから出られなくなるという。僕は、これが物理的空間と心理的空間が交差する不思議な場所のように感じたんだ。独創的なセットを使って、環境と心理を直接的に結びつけた映像を作ろうと思ったんだよ。

◎Bonobo : No Reason (feat. Nick Murphy)
https://youtu.be/ebzEEEdjHj0

◎リリース情報
New Album『マイグレーション』
Available now
日本盤CD:2,200円(tax out)
日本盤特典:ボーナストラック追加収録 / 解説書封入
<トラックリスト>
01. Migration
02. Break Apart (feat. Rhye)
03. Outlier
04. Grains
05. Second Sun
06. Surface (feat. Nicole Miglis)
07. Bambro Koyo Ganda (feat. Innov Gnawa)
08. Kerala
09. Ontario
10. No Reason (feat. Nick Murphy)
11. 7th Sevens
12. Figures
13. Break Apart (instrumental) ※Bonus Track for Japan

関連記事リンク(外部サイト)

ボノボ(feat.ライ)「Break Apart」MV公開! 制作はボーズ・オブ・カナダなども担当する気鋭クリエイター
宇多田ヒカル「忘却 featuring KOHH」山田健人(yahyel)監督のMV公開
ザ・エックス・エックス 最新作より「Say Something Loving」TVパフォーマンス映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy