ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『YouTube』の音質が悪いのは気のせいなのか?

『YouTube』の音質が悪いのは気のせいなのか?

『YouTube』の音質は悪いのか?
オーディオ愛好家などは、『YouTube』の音質を悪いと言います。またCDやDVD・地デジなどと比べると、音が悪いと感じている人も多いです。ただ『YouTube』は、パソコンに付属してきたスピーカーやモニター内蔵のスピーカーで再生しているため、そのように感じても口に出さない人も多いです。実際、CDの再生はしっかりとしたオーディオシステムを使い、DVDの鑑賞はテレビの比較的音質の良いスピーカーや、ホームシアターシステムを使っている人が多く、本当に『YouTube』が悪いのか自信がないと感じている人も多いです。

気のせいなのか測定してみました。


「YouTubeの音は悪い 16kHz(キロヘルツ)で強制カットされる」『YouTube』(http://www.youtube.com/watch?v=vitEyDSBsAI)
上の内容で実験内容を公開しています。まずは“ホワイトノイズ”と呼ばれる音声を作ります。“ホワイトノイズ”とは、すべての周波数が一定して分布している音声のことです。ラジオのチューニングがあってないときに出る、“ザー”という音に似ている音声です。ホワイトノイズを“スペクトルアナライザー”(スペアナ)で分析すると、すべての周波数が均一に表示されます。

『YouTube』の音質が悪いのは気のせいなのか?

fig.1 アップロードする前の音声スペクトル 均一に分布していることが確認できる

次に作成された音声ファイルを動画ファイルにして、『YouTube』にアップロードします。その後、『YouTube』の機能を使ってダウンロードします(注:自分でアップロードした動画は正式にダウンロード可能です。)。ダウンロード後、動画ファイルを動画編集ソフトを使って音声ファイルを取り出し、そのファイルをスペアナ解析しました。

『YouTube』の音質が悪いのは気のせいなのか?

fig.2 ダウンロードした音声スペクトル 高い周波数成分が欠落していることが確認できる

『YouTube』でアップロードされた動画の音声は、1万6000Hz(ヘルツ)でカットされていることが確認できます。非常に微妙な部分ですが、ピュアオーディオとしてはこの波形は嫌われると考えます。

考察:何故『YouTube』の音は悪いのか

『YouTube』は3Dのほか、フルHDの4倍にあたる高解像度の動画フォーマット“4K2K”といった、高画質映像での改善を行っています。特に“4K2K”については再生環境がないのにもかかわらず、ストレージ強化などを行って推進しています。一方、サラウンドなどの音声に関わるフィーチャーは、全く強化されていません。それどころか今回の検証のように、とてもピュアオーディオファンを満足させるものでもありません。ただこれは、ユーザーの嗜好(しこう)を正しく分析しているのではと思います。それは、音声に関して気にする人が少ないからと考えます。
例えばテレビを買うときに、大画面のものを買う人は多いですが、大きなスピーカーがついているものより、ベゼルが薄いスタイリッシュなモデルの方が好まれます。また、サラウンドシステムを購入する人も、テレビの台数と比べると非常に少ないと考えます。オーディオシステムも小型化が行われ、音質より手軽さを求めている結果なのかと考えます。大型スピーカーで評価が高いJBLも、『iPod』用のパワーアンプ付きミニスピーカーをリリースしています。
大手スピーカーメーカーのマーケティング結果からみても、これが正直な意見なのかと考えることができます。『YouTube』もこのことをふまえて高音質化という方向を捨てて、高画質化の方向に向いているのだと私は考えます。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「じへい」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
普段は動画を使ってガジェットや食品のレビューを行なっています。人が思いつかない切り口でレビューや紹介を行なっています。ネタ探しのために自己資金を使って出張取材も最近は多いです。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。