ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android 7.0にアップデートされたXperiaでデータ通信量を抑制できる「データセーバー」を使用する方法

Android 7.0 Nougat にアップデートされた Xperia スマートフォン・タブレットでは、同バージョンより導入されたモバイルデータ通信の使用量を節約できる「データセーバー」が利用できます(Android の標準機能なので、Android 7.0 以上なら Xperia 以外でも利用できます)。データセーバーはバックグラウンドで稼働中のアプリのデータ通信を無効にしてシステム全体の通信量を抑制する機能です。主に従量制プラン、ローミング時、プランの上限に到達しそうなヤバイ時など、できるだけモバイルデータの通信量を減らしたい場合に役立ちます。データセーバーを有効にすると、通信量は削減できますが、その反面、ネットワークがらみの問題に直面する場合があります。例えば、通知から LINE メッセージに返信しようとしても読み込み中のまま送信されない、フォアグラウンドのアプリでも種類によっては画像をタップしないと表示されないなど、ちょくちょく不便な思いをするかも。これを承知の上で利用することをおすすめします。データセーバーを有効にするには、Android の設定メニューから「データ使用量」にアクセスし、「データセーバー」セクションのトグルを ON に切り替えます。データセーバーではデフォルト設定で「Google Play 開発者サービス」以外のインストールアプリを制限の対象にしますが(システムアプリを含めると SMS やメディアストレージなどが無効になっています)、ユーザーが手動で設定を切り替えることで、特定のアプリを制限の対象から除外することも可能です。ちなみに、テザリング機能が有効の場合にデータセーバーを ON にしてもすぐに OFF に戻ってしまうので、テザリングを無効にする必要があります。Source : Android.com

■関連記事
Nokia 6の開封映像
Samsung、Galaxy S7 / S7 edge中国モデルのAndroid 7.0アップデートを停止、新ベータをリリース
cheero、ポケモンデザインのモバイルバッテリー「cheero Energy Plus 5000mAh Pokémon version」を発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy