ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「あかぎれ・ささくれ・かかと割れ」対策商品のCMはどこまで痛そうになっていくのか

sakamuke4

真冬である。寒いだけでも嫌なのに、肌の乾燥が天井知らず。カサカサはもちろん、粉ふき、ささくれ、角質のひび割れと、特に女性は様々な傷みに悩まされていることだろう。

そこで便利になってくるのが、「あかぎれ」「ささくれ」「かかと割れ」「ぱっくり割れ」に効くとされる医薬品たち。傷に塗り込み癒したり、水がしみるのを防ぐ軟膏タイプのものがメインで、筆者も子供の頃、母親が炊事の後にヌリヌリしているのをよく見ていた。

そんな家庭の救世主とも言える商品たち、しかしながら「CMが痛そうすぎる!」のである。

sakamuke3

まずは、素敵商品名を考えさせたら右に出るものはいない小林製薬の「サカムケア」。「ヒビ、あかぎれが、しみる〜!」と辛そうな奥様。「サカムケア」を使えば、

sakamuke

水、レモン汁、塩、しょうゆ、キムチだって「しみな〜い!」という事なのだが、そのキュウリの塩もみや、唐揚げの下味つけの描写が実にリアリティで、サカムケアで治っている手でやっているのだと分かっていても「痛い痛い……! しみる〜!」とこちらの背筋がキュッとしてしまう。

sasakure4

続いて、かゆみ・虫さされにおなじみのムヒより「ヒビケア」。「パックリ割は繰り返す」という言葉と不穏なBGM。「もう、ちゃんと治したい……!」という女優さんの渾身の悲痛な表情は、「ああ……痛い痛い、パックリ割れ……」と我々の目をとらえて離さない。「ヒビケア」で治った後の晴れやかな彼女も最後に登場するが、それより何より「痛そうだ」という事が印象的なCMだ。

sasakure2

最後に、筆者が最もオススメしたい(最も痛がっている)CMが同じくムヒの「ヒビケアFT」という商品の1本である。ストッキングをいそいそと履き、自身のかかとのささくれによって、ビリリッと破いてしまう女性。この時のビリリ音が非常に恐ろしい。

sasakure

カッチカチになったかかとのアップ。

sasakure3

医師が「このかかと、実はささくれ割れ。繊維がひっかかると、めくれて……」と実際にめくれさせて解説。「痛い!」と女性。何とも鬼畜な医師である。このCM全体を通して恐怖を煽るピアノの演奏がかなり効果的で、観る度に「ヒエ〜、やめてくれ〜」と震え上がってしまう(でもなぜかまた観たくなる)。

Twitter上でも、

・ささくれのCM本当に痛すぎ
・指のぱっくり割とかささくれとか「いたいーーーー」ってなって直視できない
・観る度毎回ウッとなる
・冬のささくれのCMはヤバい

と、多くの人が怯えている様子。筆者は個人的にいつも思うのだが、これらのCMのスタッフさん達は「よおし、ここをこう表現すればもっと痛そうになるぞ」「ビリリッの音のリアリティが足りない! こんなんじゃだめだ」などと、日々切磋琢磨しているのだろうか? だとしたら、ささくれ・パックリ・しみる〜! も良いがJホラーにその技術を活かしてみるのはいかがだろうか。

※画像は「ササムケア」http://www.kobayashi.co.jp/enjoy/ch/
「ヒビケア」http://www.ikedamohando.co.jp/cm/hibicare.html
「ヒビケアFT」http://www.ikedamohando.co.jp/cm/hibicare_ft.html より引用。

プラムの記事一覧をみる
プラム

記者:

アイドルとおもしろ動物好きのアラサー記者。ライブ参戦は時々、ネットウォッチは毎日。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy