ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オンデマンド型マイクロバスサービス「Bridj」が官民連携型マイクロ交通サービスに着手

ボストン発のオンデマンド型マイクロバスサービス「Bridj」ニューヨークとシカゴで展開されている「Via」やバルセロナの「Shotl」など、データ解析をもとに乗客をグループ化して配車する乗り合いサービスが、近年、欧米の都市部で広がってきた。

米ボストンで2014年に創設された「Bridj」もまた、独自の機械学習アルゴリズムを活用したオンデマンド型マイクロバスサービスを運営するスタートアップ企業だ。

・データ解析を活用したオンデマンド型マイクロバスサービス

スマホアプリ「Bridj」の画面「Bridj」では、乗客がスマホアプリから出発地と目的地、出発時刻を入力して予約すると、出発地から徒歩10分圏内の乗車スポットを指定。

指定されたスポットで車両の迎えを待ち、目的地周辺の降車スポットで降りる仕組みとなっている。

利用料金は2ドル(約230円)から6ドル(約690円)と、タクシーの利用料金と比べて割安なのが特徴だ。

・官民連携型マイクロ交通サービスに着手

「Bridj」は、ミズーリ州カンザスシティ地域交通局(KCATA)、米自動車メーカーのフォード・モーターとともに、官民連携型マイクロ交通サービスの実証プロジェクト「Ride KC: Bridj」に参画していることでも注目されている。

2016年3月から実施されているこのプロジェクトでは、「Bridj」のテクノロジーを活用し、平日の通勤時間帯にオンデマンド型マイクロバスサービスをカンザスシティで展開。

フォード・モーターがミニバス「フォード・トランジット」を供給し、バスの運転はKCATAの運転手が担当している。

「Ride KC: Bridj」のような官民連携の動きは、オンデマンド型マイクロバスサービスが、電車・バスなどの公共交通機関とタクシーとの間を埋めるモビリティとして期待されている証ともいえよう。

Bridj

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy