次の“おしゃP”は誰だ! 秋元康による「おしゃP育成プロジェクト」

access_time create folderエンタメ

女性誌『JJ』が火付け役となり、2011年を象徴するファッションワードとなった“おしゃP”。秋元康さんによる「おしゃP育成プロジェクト」のファイナリストが決定し、公式サイトにて5名のプロフィールが明らかになりました。

おしゃPとは、「おしゃれプロデューサーズ」の略で、アパレルのプレス、バイヤー、デザイナーなど、ファッションの流行を牽引する女子達の事。『JJ』の読者モデルであり、ファッションブランド「EMODA」をプロデュースする松本恵奈さんなどが代表的です。

そんな、おしゃPと新たなムーブメントを作り出そうと動き出したのが、国民的アイドルグループAKB48の生みの親である秋元康さん。「次のおしゃPは私がプロデュースします」と、次世代のおしゃPの育成に意欲的なコメント。

「おしゃP育成プロジェクト」に集まった女子達はなんと約1,000人。書類審査、カメラテスト、AKB48の指原莉乃さんのプロデュース合戦を経て、ついに5名まで候補者が絞られました。

ファイナリストに選ばれたのは、18歳~24歳のおしゃれ女子達。大学生やアパレル勤務など、プロフィールもそれぞれですが、おしゃれにかける意気込みは一緒。どの方が選ばれてもおかしくないポテンシャルの高さです。

この5名が次に挑むのは、秋元さんとの最終面談。女性の魅力を見抜くその眼力でAKB48をトップアイドルにまでのしあげた、秋元さんが選ぶのは一体誰なのか。今から、大きな注目が集まります。

秋元康×Samantha Thavasa×JJ「未来のおしゃP育成プロジェクト」

※画像は、「未来のおしゃP育成プロジェクト」公式サイトより引用。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「藤本エリ」が執筆しました。[リンク]
恋愛・美容・エンタメに興味津々な女ライター。日常での「クスッ」や「イラッ」を記事に出来ればと思っています。

access_time create folderエンタメ

藤本エリ

ウェブサイト: http://

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧