「Huawei VR」はGoogle製以外では初のDaydream対応VRヘッドセット

access_time create folderデジタル・IT
Google の Android 向け VR プラットフォーム「Daydream」に対応した Huawei 製の VR ヘッドセット「Huawei VR」の開発が進められていることが分かりました。Huawei Mate 9 Pro と Mate 9 Porsche Design公式に Daydream-ready phone に認定され、Daydram アプリを利用することができます。両モデルは 5.5 インチ WQHD の解像度な AMOLED ディスプレイや Kirin 960 オクタコアプロセッサを搭載するなど、Pixel XL 並みの画質と性能です。Daydream には十分過ぎるスペックだと言えます。Huawei VR は Google 製以外では初の Daydream 対応 VR ヘッドセットになります。製品の詳細は公開されていませんが、Google によると、Huawei VR では Daydream View とは違って焦点距離の調節ダイヤルが付いています。また、外観はまるで Gear VR の試作機モデルのような感じで、外装の素材などは公開されていませんが、Daydream View のファブリック素材とは違ってプラスチックを多用した硬質なものと見られます。このほか、レンズの視野角は 95 度とされており、プレス画像には頭頂部バンドのホールも付いているので、パッケージには頭頂部を通るバンドが付属すると思います。Source : Google

■関連記事
「Sharp S1」が今年国内で発売される鴻海のSIMロックフリースマートフォン?
Nokia E1の主要スペックが伝えられる、5.2 ~ 5.3インチHDディスププレイやSnapdragon 425を搭載か?
ASUS Chromebook Flip 2 C302CAのPentium 4405YモデルがBest Buyでひっそり発売

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧