体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トイレ掃除が楽になる『おしっこ吸う~パット』で尿ハネをしっかりガード! 便器のふちにペタッと貼るだけ!

こまめに掃除をしていても、トイレに入ると何だかイヤーなにおいを感じる。その原因はトイレの尿ハネかもしれない。株式会社サンコーおしっこ吸う~パットは便器にペタッと貼るだけで尿ハネの飛び散りを防ぐ便利グッズ。すでに累計年間約60万個も売れているという、隠れた大ヒット商品なのだ!

便座裏は要注意! 女性にも多い尿ハネの問題

尿ハネといえば、男性特有の問題だと思いがちだが、女性だって他人事ではない。とくに便座と便器の隙間は尿ハネが起こりやすいゾーン。掃除をしようと便座を持ち上げたとき、便座の裏や便器に尿ハネのシミが付いているのを目にして驚いたことがあるはず。さらに、便座の隙間から尿ハネが床面にも届くことがあり、目に見えない、隠れたトイレのニオイの原因になっている。

 

尿ハネは時間が経つと乾いてしまい、便器や便座、床などにこびりついてしまう。こうなるとなかなか落ちず、掃除するにもやっかいだ。それに、どんなに掃除好きな人でも、尿ハネを目にしたりこすり落としたりすることは、心理的にイヤなものだろう。

そこでサンコーの『おしっこ吸う~パット』(30個入り税抜1,000円)。長年「仕方ない」と思われていた尿ハネの飛び散りを、未然に防いでくれる。

パットは吸収性に富んだポリエステル100%で、厚さは8mm。原理は簡単で、便座にペタッと貼り付けて便器を下すと、便座と便器の隙間がパットで埋まり、隙間への尿ハネを吸い取ってくれるものだ。

ゆるいカーブ状になっているから、O型やU型など便座の形に関係なく使える。

 

2から3個つなげて使うと尿ハネをしっかりガード!

記者も早速『おしっこ吸う~パット』を使ってみた。パットは粘着シールで便器に貼り付けられるようになっており、数秒で取り付けが完了。消耗品だから、こういうシンプルさが嬉しい。取り換えるときの手間もなさそうだ。

使い方をよく見ると2~3個並べて使ってもいいらしい。便座に沿ってパットをいくつかセットすると、前面だけでなく左右からの尿ハネもしっかりガードできる。

男性の場合は後方への尿ハネが増えるはずだから、後ろ側にもパットを配置するといいかも。

パットはスポンジのようにふわふわで、しっかりした厚み。便座を下すと自然にフィットして、上から見るとパットを貼り付けていることに気づかない。掃除をするときいつもなら便座裏をおそるおそる覗いていたものだが、この『おしっこ吸う~パット』を付けていると、パットが尿ハネを吸収してくれるので、便座や便器の汚れが劇的に減った! 

 

もちろん床の汚れもナシ。これで掃除の手間が一気に省けた。いつもなら便座裏や便器のふち、床など拭き掃除に手間がかかったが、『おしっこ吸う~パット』を使っていれば剥がすだけで簡単に掃除が終わる。床への尿ハネ飛び散りも抑制されたためだろうか、心なしかトイレのイヤなにおいも気にならない。尿ハネの心配がなくなるだけでこんなにも清潔感を感じることができるのかと思うと、何だか気分まですがすがしい。

 

子供がいる家庭や介護が必要な家庭には特にオススメ!

『おしっこ吸う~パット』は30個入り税抜1,000円、1枚あたりわずか33円と、家計にやさしい価格がうれしい。1日1枚ずつ交換して1ヶ月持つ計算。

トイレの使用頻度や家族の人数によるが、1枚で数日間耐えられる厚みは余裕である。役目を終えたパットは自治体の定めに従ってゴミ箱へ。

 

 

小さな子供やお年寄りがいる家庭には特にオススメだ。子供は体が小さくて便器の上で安定した姿勢をとるのが難しく失敗してしまうこともある。そのたびに拭き掃除をさせられては忙しいママは大変だ。でも、『おしっこ吸う~パット』を貼っておけばパットが尿を吸収してくれるので問題解決! お年寄りがいる家庭でもおおいに役に立ってくれるだろう。

 

一度使うと手放せなくなる、そんなグッズである。

関連記事リンク(外部サイト)

熱々ごはんと一緒に世界旅行へ!エスニックフレーバーが新鮮『旅するふりかけ』『旅するお茶づけ』新発売!
VERY×リカちゃんがコラボレーション! ママも夢中になれるリアルなファッション・着せ替えセット!
アデランスから、一石三鳥のエイジングケア 『アイラッシュ&ブロウ エッセンス プレミアム』発売!
モスバーガー『宇治抹茶あずきシェイク 京都府産抹茶使用』本格抹茶とほっこり甘みのあずきで食べる和スイーツ!
『THE FLOWER by Aoyama Flower Market』がスタート!第一弾は、究極のバラ「ダーシー」ギフトセット

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。