体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自販機ユーザーは絶対コレ入れとこ!  1円=1ポイントが貯まる『DyDo Smile STANDアプリ』で『LINE』スタンプゲットに挑戦→まさかの結果に [PR]

IMG_1441

「もはやスマホでつながらないものなんてないのだ」と言わんばかりに、新タイプの自販機サービス『Smile STAND』が登場した。ダイドードリンコが展開するこの次世代自販機、飲み物を買うとスマートフォンアプリと連動してポイントが貯まるのだが、1円=1ポイントという貯まりやすさはもちろん、ポイントの汎用性の高さも特徴なのだ。

IMG_0556_s

この記事では『DyDo Smile STANDアプリ』の使い方を説明しつつ、実際にポイントを貯めてどんな賞品をゲットできるのかお伝えしよう。

IMG_1451

ちなみに結論から言うと、『DyDo Smile STANDアプリ』をインストールするだけで自販機を使うのが本当に楽しみになった。これまでと同じ商品を買うだけでポイントが貯まるのだが、このポイントの使い道を考えるのが実に楽しいのだ。今回、そこも含めて説明したいと思う。

ポイントの使い道 ――“直接交換”タイプ

IMG_0837_s

『DyDo Smile STANDアプリ』で貯まるポイントは、ギフトコードに直接交換することができる。

現在だけでも

・『スクウェア・エニックス Crysta』
・バンダイナムコグループ『バナコイン』
・『LINEギフトコード』

といったサービスのギフトコードに交換できる。アプリをインストールしてポイントを集めさえすれば、確実にギフトコードをゲットできてしまうのだ。

ちなみに『LINEギフトコード』の場合、1800ポイントで120円分のギフトコード、3500ポイントあれば240円分のギフトコードと交換できる。

IMG_0827_s

ポイントの使い道 ――“チャレンジ”タイプ

これらの“直接交換”だけではなく、楽しみながらチャレンジできる使い道も用意されている。ドリンクが飲めた上に、くじ引きができるというわけだ。

タイプは2種類。
・ドリンク約1本分・130ポイントでチャレンジできる『Quick SLOT』
・集めたポイント数によって豪華賞品のチャレンジを選べる『Smile SLOT』

IMG_0762_s

『Quick SLOT』は130ポイントで気軽にチャレンジできるくじ引き。『スクウェア・エニックス Crysta』300Crysta、もしくは『LINEギフトコード』240円分に挑戦できる。運が良ければドリンクを飲めた上にその場でギフトコードも手に入ってしまう。

一方『Smile SLOT』は“自分の現在ランク”に応じたグレードのスロットに挑戦できる。

IMG_0753_s IMG_0755_s2

ここで“ランク”について説明しよう。ポイントを集めていくと、自分のランクが「ブロンズ」から「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」と次々にアップしていくのだ。もし自分が「シルバー」ランクだと「シルバー」「ブロンズ」のスロットにチャレンジできる。もし最上位の「ダイヤモンド」ランクになると全てのランクのスロットに挑戦できる、という仕組みだ。

ランクによって、消費ポイントと賞品内容は変わってくる。

IMG_0759_s2

・ブロンズ賞品(600ポイント必要):体験カタログギフト5000円相当
・シルバー賞品(1200ポイント必要):米澤牛サーロインステーキ、Vitantonioポップコーンメーカー、紅ずわいかにおこわなど
・ゴールド賞品(2000ポイント):体験カタログギフト1万円相当
・プラチナ賞品(3500ポイント):BALMUDAザ・トースター、ウェアラブルカメラなど
・ダイヤモンド賞品(5000ポイント):約70のラグジュアリー体験カタログギフト3万円相当

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。