ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『オデッセイ』の脚本を書いたゴダード監督のスリラー映画に、クリス・ヘムズワースとジェフ・ブリッジスが出演へ
  • “ゾンビ男子”に萌え! うっかり全米初登場No.1を記録のゾンビ・ラブコメ『ウォーム・ボディーズ』予告編解禁
  • 世界中から注目の『サカサマのパテマ』いよいよ公開! 吉浦監督・藤井ゆきよ・岡本信彦インタビュー
  • 『悪党に粛清を』“北欧の至宝”マッツ・ミケルセンインタビュー「カンフー映画と西部劇はよく似ている」
  • 「ピンク映画」ってなんだ?【倉沢いちはの映画レビュー】
  • 「アニメキャラだから想像でOK!」はダメ『モアナと伝説の海』クリエイター陣の試行錯誤とサモア文化へのリスペクト
  • フィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演作『誰よりも狙われた男』の予告解禁 コービン監督「映画のラストを観るのがつらい」
  • 【電車にまつわる豆知識】京王線・調布駅構内はシネマ風って知ってる? レッドカーペットを歩けるよ!
  • 【クー!】超脱力SFカルトムービー『不思議惑星キン・ザ・ザ』デジタル・リマスター版公開決定!
  • 『龍三と七人の子分たち』下條アトムインタビュー「役者たちが素っ裸でやってる映画です」
  • 『テラフォーマーズ』山下智久演じる“仁”&ケイン・コスギ演じる“リー”の絵コンテを入手!
  • SF映画『I Think We’re Alone Now(原題)』、エル・ファニングとピーター・ディングレイジが主演決定
  • 上戸彩さんが自宅でラブシーンの特訓!? 『エクリプス/トワイライト・サーガ』公開アフレコに行ってきた
  • 映画『ブレードランナー』の続編の公開日、2017年10月に早まる
  • 原作者・八田鮎子先生による描きおろしイラストが可愛い! 『オオカミ少女と黒王子』コラボ机[オタ女]
  • 『スター・トレック BEYOND』ジャスティン・リン監督インタビュー「インディーズ映画に近い作り方をしている」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカで大人気“ジュースショット”とは?

風邪や冷え、胃腸の疲れが気になる季節。年が明けて、ちょっとお疲れ気味の人へ、一口で手軽にエナジーチャージできる“ジュースショット”を紹介しよう。

スロージューサーブランド「HUROM」と、全国各地の旬の野菜や果物を販売する都市型マルシェ「浅草農園Farm Bar」がコラボレーション。スーパーフードクリエーター・WOONINさんプロデュースによる、冬のカラダにうれしい厳選食材を搾ったジュースショットメニューを、1月1日(日・祝)より提供している。

今回、浅草農園にお目見えしたのは、薬効が期待できる植物性の食材を搾り、栄養素を凝縮させたジュースをショットグラスで飲むジュースショット。ショットはアメリカのジューサリーなどで定番のジュースで、風邪をひいたときなどに一口で手軽にエナジーチャージできることから人気も高い。

ラインナップは3種類。定番の生姜ショット「COLD KILLER」は、生姜、レモンを搾ったジュースにハチミツを加えた一品。ピリッと刺激的なスパイシーな味でリフレッシュできる。

ウコンショット「SAMURAI」は、栄養豊富なウコン(ターメリック)と生姜、レモンを搾ったジュースに、カイエンヌペッパーを加えた。侍の刀のような切れ味のよいスパイ シーさが特徴で、食べ過ぎ、飲みすぎた翌日のリカバリーにもGood。

甘酒ショット「GEISHA」は、美肌、脂肪燃焼、疲労回復、整腸作用などに役立つ栄養を豊富に含む甘酒に、生姜とビーツをプラス。ピンク色が見た目にも華やかだ。

いずれも浅草農園ならではの厳選食材を、栄養素の損失を最小限にとどめるスロー・スクイージング・テクノロジーを世界で初めて採用したヒューロムスロージューサーを使って搾るため、食材そのものの栄養を損なうことなく摂取することができる。いずれも50ml/各500円(税込)。

また同日より、ヒューロムスロージューサーを用いてなめらかに搾ったあずきを甘酒で割った「搾り小豆と米麹の甘酒しるこ」200ml/500円(税込)も販売。この時期ならではのホットドリンクを楽しめる。

ぜひ浅草農園で“旬まるごと”ドリンクの味わいを試してみて。

■『浅草農園Farm Bar』
住所:東京都台東区浅草2-6-7 まるごとにっぽん1F

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。