ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【撮り下ろし写真満載】『ドリフェス!』 KUROFUNE「一気に襲来します!」 アニメ登場記念スペシャルインタビュー[オタ女]

kurofune-7

アニメも好評配信・放送中の2.5次元アイドル応援プロジェクト『ドリフェス!』。メインキャストの“DearDream”に続き、存在感抜群のライバルユニット “KUROFUNE”(クロフネ)にインタビュー。

DearDream同様、KUROFUNEも配信中のリズムゲームアプリのゲーム中の同名アイドル(キャラクター)の声優と歌も担当しています。

KUROFUNEは風間圭吾役・戸谷公人さんと黒石勇人役・株元英彰さんの2人組ユニット。アニメ第7話よりついに始動するKUROFUNE。それぞれのキャラクターについて&見どころも伺ってきました!

※すべての画像が表示されない場合はOtajoからご覧ください
http://otajo.jp/65759[リンク]

アニメとゲームでのキャラクターの違い

kurofune-12

――演じていて、ゲームとアニメで違うところは何かありますか?

戸谷:アニメはゲームのストーリーよりも過去のエピソードなので、そこの違いが大きかったです。ストーリーの順序としては逆で、普通だったらナチュラルなところから変化があって王子様キャラになっていくと思うんです。でも先にゲームのアフレコがあったので、ゲームの王子様キャラから、そこに至るまでの人間性や性格の変化を演じていくのがアニメなので、演じるうえで違いはありますね。

――王子様キャラを先に演じていて、アニメの圭吾の過去のシリアスな場面を演じる苦労はありましたか?

戸谷:自分自身、意外と圭吾と共感できる部分があって。もちろんアニメのアフレコに対しての苦労はありましたが、役を演じるうえでの感情部分に対してはあまり苦労は感じなかったです。けっこうスッと感情移入できました。

kurofune-11

――株元さんはアニメのアフレコをしてみていかがでしたか?

株元:アニメはKUROFUNEになるまでが描かれているので、アニメもゲームも両方担当してくださっている音響監督の菊田さんと、ゲームの方は完成されたKUROFUNEの黒石勇人と風間圭吾で、そこに至る前の2人ならもっと自由に演じてもいいんじゃないか、という話をしていて。僕は声のトーンを少し落として演じているんですけど、アニメではもうちょっとトーンを上げてみたりとか、「自由な加減で演じ分けていいよ」って言ってくれたんです。だから、けっこう自由にやらせてもらった感じはありますね。

でも結果的に、本番に入ってみたら、あまり勇人って変わらないというか。まぁ、圭吾と出会う前はもう少し一匹狼感を持っていたいとは言っていたんですけど。

戸谷:基本、勇人はブレないからね。

個性的なキャラなのに自分たちと似ている?「話さなくてもわかるところがある」

kurofune-9

――KUROFUNEは王子様キャラだったり、デビューシングルの歌詞にも“襲来”など入っていたり個性が強いキャラですが、演じることになったときの印象を聞かせてください。

戸谷:そんなにやる機会がない系統の役なので、振り切って思い切りやれるので面白いですよね。「即位する」とか普段言わないじゃないですか(笑)。そういうワードを普段から言っているような雰囲気を出せるように、意識はしています。

プリンス、プリンセスというのが圭吾のワードとしてすごく出てくるんです。菊田さんもおっしゃっていたのが、いかに自然にプリンス、プリンセスを言うかというところ。そこはけっこう気にしてやっています。ナチュラルプリンスなので(笑)。

kurofune-4

――ナチュラルにプリンセスと口に出せるようになりましたか?

戸谷:多少慣れました。「深窓のプリンセスが~」など、アニメよりもゲームのほうが詩的な表現が多いので、最初の台本をもらったときは少し戸惑いましたけどね。

株元:「即位する」って言葉なんて、歴史とかでしか出てこないもんね(笑)。

kurofune-1

――株元さんも「開国してやるよ」というセリフがありますが。

株元:最初は勇人に“破天荒なロッカー”みたいなROCKなイメージを持っていたんですけど、そこに悩みました、「ROCKってなんだろう」って。ROCKな人のイメージを探しても、何がROCKって定義があまりないから。ROCKなイメージを持たれている人は全員、自分がカッコイイと思っているものを貫いてやっていて、結果的に周りから「ROCKだね」って言われるんだと思ったんです。

だから最初は悩んでいたんですけど、あまりROCKに縛られずに、ド直球な“オレがカッコイイと思ったことをやっているやつ”っていうように考えを変えて演じることにしました。

kurofune-10

――アニメやゲームを通して、演じているキャラクターと自分たちが重なる部分はありますか?

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき