ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知らないと損!? ライフ・リテラシーを楽しく学ぼう

知らないと損!? ライフ・リテラシーを楽しく学ぼう
J-WAVE月曜−木曜朝6時からの番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI THINKING THE NEW STANDARD」。9月26日(月)のオンエアでは、企業からも注目されている「入門! ライフ・リテラシーゲーム」を紹介しました。

10月から、パートの方や派遣社員の方など、短時間労働者に対する社会保険の適応が拡大されます。簡単にまとめると、一定の条件を満たす人は健康保険や厚生年金保険など、社会保険に加入しないといけなくなるということなのですが、よく耳にする「106万と130万の壁」は、対象になる方も多い制度。こうした社会保険に対する制度だけでなく、税金、マイナンバーなど、さまざまな仕組みがある中で、私たちはこうした制度を活用して理解することが必要となります。

しかし、税金や社会保障制度の話は複雑なのも事実です。そこで、そうした知識をゲームを通じて学べる「入門! ライフ・リテラシーゲーム」が誕生! 企画・開発した「ライフ・リテラシー」代表の加藤さんにお話を伺いました。

「ライフ・リテラシーとは、社会生活を送る上で必要な知識や情報を持ち、活用する能力と位置付けています。例えば、セーフティーネットである社会保障制度を支える税金の仕組み、働く上での労務の知識などを持っていないと、自分の身を守れない社会になってきています。私自身は企業の総務部にいる中でこういった知識を学んでいったのですが、社会保障制度の全体像が見えるようになって一番強く感じたのは、こんなにも複雑なものが習わないで分かるようになるわけがない、ということでした。しかも税金や社会保障制度の話は非常に面倒臭いです。どうすれば興味を持ってもらえて簡単に教えることができるかを考えて、ゲームにしました」

プレイヤーは学生となって、アルバイトをスタートするところから始まります。マス目の中には「アルバイトでトラブルを起こしてしまった」というものがあり、その時に役立つ保障や、職業別に必要な社会保障や税金の制度が、ゲームを進行することで学んでいけます。さらに加藤さんは、ライフ・リテラシーについて学ぶことの重要性についてこのように語ってくれました。

「日本では、自分に該当する手当があったとしても、それを知っていて、さらに申請しないともらえません。ただ、その手当や給付されるお金は、自分たちが支払った税金や保険料なので、払うからこそもらえるんです。その負担と給付のつながりを確かめること。自分たちのお金が正しく使われているのかも見届けて、みんなで社会を支えていく、という意識をゲームを通して深めていけたらと思っています」

「ライフ・リテラシーゲーム」は、当初は学生をターゲットに考えていたそうですが、今は企業やプロスポーツチームからの問い合わせもあるそうです。

暮らしを支えるための制度なのに、習うことが少ない社会保障制度。こうしたゲームを通じて、学んでみるのもいいかもしれません。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。