ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2016年イージスもあるよ! 『ワークマン』のブロガー向け新作発表会に行ってみた

workman2016003_r

「御安全に!」というわけで工場で働いて20年、もはやワークマンなしでは生きられない筆者ですが、あえて言おう!

「ワークマンの2016年新作発表会に行って来ました」

今回はブロガー向けのイベントだったのですが、さりげなく混ざってみた筆者です。(一応プロなのに……)

様々な商品を展開する『ワークマン』

workman2016008_r

もともとは作業服メインに商品展開していた『ワークマン』ですが、最近は意外なニーズから展開した商品などもあります。

例えばコチラのコックさんなどが厨房で履いている、水に濡れていても滑りにくい『シェフメイト』は何故か“超滑りにくい妊婦用シューズ”として売れています。

購入者は妊婦の方々と、まさに予想の斜め上の展開ですが、しっかりした商品であれば多種多様に使えるといった見本かと思います。

現場のプロが使う『ワークマン』の商品

workman2016010_r

さらに解体工事現場向けに販売していた『セーフティー・インソール』という鉄板入りの中敷きが売れています。

もともとは解体現場に散乱する“ガラス片や釘”から足を守る為の商品ですが、様々な災害現場、特に自然災害(洪水)などの片付け作業時の必須アイテムになっています。

勿論、解体現場向けの安全靴も様々な製品が売られていますが、なかなか長靴タイプの安全靴は高価なので、市販の長靴を応急的にでも安全靴として使えるメリットは計り知れません。

合わせて売れているのが防塵マスクです。

980円と安価になっていますが、作りはしっかりしていて災害現場で舞う埃から呼吸器官を守ってくれます。

是非、みなさんも防災用品として、これらの商品を常備してみては如何でしょうか?

一番の注目アイテムは『イージス』の2016年新作である!

workman2016027_r

今回はブロガーさん向けの発表会でしたが、やはり一番の注目アイテムは『イージス』の新作ですね。

workman2016028_r

上下6800円で“透湿防水&防寒&軽量”と言うコスパ抜群な製品でして、当初は作業服の一環として開発されましたが、なぜかバイク乗り達にウケて徐々にオートバイに乗りやすい製品として進化しています。

workman2016066_r

というわけで、今年の『イージス』も進化しているので、気になる変更点を見てみましょう。

パンツが動きやすくなった件

workman2016093_r

商品開発担当者の方から、あれこれ新型『イージス』の変更点を聞いてきました。

今回は主にジャケットの方はデザインのみの変更で、2015年版『イージス』で要望の多かった“パンツの動きやすさ”を中心に改良したそうです。

まずはパンツの股の中央部分に一枚生地を増やして、股を開いた状態でのフィット感を良くしています。

workman2016061_r

更に膝まわりの部分を立体的な裁断にして、膝を曲げた時にパンツの裾が上がらない工夫をしました。まさにバイクに乗るときに必要な機能を中心に進化したと言っても良いのではないでしょうか?

workman2016063_r

勿論、これらの機能はバイクに乗る為だけではなく、作業時の動きやすさに直結するので、全てのユーザーにメリットがある改良なのがポイントですね。

他にもパンツの合わせ部分が2重になっていて、1段目のフラップの生地が“折り返されている”のもポイントです。

workman2016064_r
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy