ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたも知っておいた方がいい、将来食べられなくなるかもしれない10の飲食品

2014年から絶滅危惧種指定を受けているニホンウナギ。「土用の丑の日に蒲焼が食べられなくなるの?」と話題を呼びましたが、世界を見渡してみると「将来食べられなくなるかもしれない」食品は他にもたくさんあります。しかも私たちの食生活でお馴染みのものも!? 気候変動で食べられなくなる恐れのある10の飲食品をご紹介します。

ムール貝

ウナギだけじゃない?将来食べられなくなるかもしれない10の飲食品
パエリアやブイヤベースでお馴染みのムール貝。そんな海鮮の人気食材に「食べられなくなる危険」が迫っているそうです。スウェーデンのヨーテボリ大学の研究によると、気候変動で海水の温度が2度上昇すると麻痺性貝毒(paralytic shellfish toxin)という毒素を算出する原因になる細菌やプランクトンが貝類に蓄積する恐れがあるのだとか。この毒素は調理の過熱では取り除くことができず、もし麻痺性貝毒を含む貝を食べたら最悪の場合は死に至ることもあるそう。そのため、今後100年以内にムール貝は食べられなくなるのではないかと科学者たちは見解を示しています。

[Mussels ‘to become poisonous’ through climate change]

チョコレート

ウナギだけじゃない?将来食べられなくなるかもしれない10の飲食品
世界中で愛されているチョコレート。筆者も仕事のお供に欠かせない存在です。そんなチョコレートが食べられなくなるとはどういうことでしょうか?

実はチョコレートの原料であるカカオは、総生産量の半分がコートジボワール産とガーナ産です。2か国とも西アフリカに位置していますが、2050年までに予測されている2.3度の気温上昇が起こると、カカオの生産が現状通りにいかなくなると言われているのです。国際熱帯農業センター(the International Center for Tropical Agriculture)は、「生産量は半減し、チョコレートの価格は急激に上昇するはず」だと予測しています。今まで(先進国では)気軽に食べられたチョコレートも、今後は高級なぜいたく品になってしまうかもしれないのですね!

[Chocolate will become an expensive luxury item due to climate change]

ボルドー産ワイン

ウナギだけじゃない?将来食べられなくなるかもしれない10の飲食品
今や日本の食卓でもすっかり欠かせない存在のワインも、危機にさらされています。チョコレート同様、2050年までに予測されている気温上昇が起こると、世界的にワインの産地として有名なボルドーに影響が及ぶというのです。ワインの原料のぶどうは、夏の高温や干ばつが極端になると、実やつるの健全な成長を妨げられるのだとか。ワイン生産者のほうでも耐熱性ブドウ品種への切り替えを順次しているそうですが、切り替えには時間もかかるので、温暖化との時間競争の様な状態になっています。ワイン生産者たちが対策をじっくり練られるよう、少しでも気候変動が後ろ倒しになってほしいです。

[Global warming threatens wine production in France]

パスタ

ウナギだけじゃない?将来食べられなくなるかもしれない10の飲食品
パスタが食べられなくなった世界なんか想像したくないですが、その危機はもうすぐそこまで迫っているそう。パスタの原料である小麦(特にデュラム小麦)は乾燥した涼しい季節を好む作物ですが、気候温暖化はその成長と品質に悪影響を及ぼすと言われています。更に季節外れの大雨などでも壊滅的な害を被る繊細な作物なのです。アメリカのデュラム小麦農家の中には「翌年も作るべきかどうか」と迷っている人も出てきているそう。ランチにパスタが食べられない未来、なんとしてでも避けたいですね。

[Climate change could wipe out pasta]

■あわせて読みたい
疲れがたまってる人、必見! ストレスが軽減する食べ物3選

疲れがたまってる人、必見! ストレスが軽減する食べ物3選


眠れないのはアノ食品が原因かも!? 「快眠」の妨げになる食べ物
http://tabizine.jp/2015/01/04/27648/

天然サーモン

ウナギだけじゃない?将来食べられなくなるかもしれない10の飲食品
サーモンの危機を指摘しているのは、イギリスにあるプリマス大学による研究。産業革命が起こった1840年代と比較すると、現代の海水は二酸化炭素(CO2)を吸収し、30%も酸化しているというのです。この「海洋酸性化」は貝類が殻を作りにくくなるという状況を引き起こし、その貝などを餌にしている魚たちが十分な食物にありつけなくなる状態になるのです。それが引いては海の中の生態系に影響を及ぼし、その頂点にいる鮭(サーモン)のような大型魚の減少にもつながるのだとか。プリマス海洋研究所(Plymouth Marine Laboratory)によると既に鮭の減少は数値に表れているそう。
どこか他人事に聞こえた「CO2排出量」という問題が、我々の食卓にも影響を及ぼしているんですね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy