リコール対象外のGalaxy Note 7 中国モデルで2件の発火事故が報告される

access_time create folderデジタル・IT
グローバル市場で Galaxy Note 7 のリコールが実施されている傍ら、中国で発売された Galaxy Note 7 のバッテリーはサプライヤーが違うとして、リコールの対象から除外されていますが、現地でも発火事故が発生していることが報告されました。今回の中国での事故はネット掲示板や Weibo に投稿されたものです。Samsung がインシデントとして公式に発表したことではありません。2 件の事故は 18 日に報告されました。パッケージのラベルにはどちらも「SM-N9300」と印字されていたので、全網版と言われる中国向けのオープンモデルで事故が起きたことになります。しかもどちらも 中国大手の EC サイト JD.com で販売されたものです。同サイトで販売された Galaxy Note 7 で使用されたバッテリーのメーカーは分かっていませんが、一部に Samsung SDI 製が混じっている可能性が囁かれています。Source : WeiboMyDrivers

■関連記事
Google Pixel XLはiPhone 6 Plusよりも少し小さい?
Galaxy Tab S3は来2017中頃に発表されるとの噂
5.19mm極薄 Moto Zと他の薄型スマートフォンの厚さを比較

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧