ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【誰もが安心して食事を楽しめる社会を!】NPOが本気で挑む「フードピクト」の可能性

車いすマークや非常口マークなど、視覚的にその場所や内容を伝達する絵文字「ピクトグラム」。日本においては1964年の東京オリンピック時に、訪日外国人のために開発されたのが始まりと言われるが、今や街中にさまざまなピクトグラムがあふれている。

そして最近、飲食店や総菜店などにおいて、どんな食材が入っているか表示する「フードピクト」を目にする機会が増えてきた。アレルギーを持つ人や、宗教上の戒律、ベジタリアンなどの理由で食べられないものがある人も、ひと目で「これは食べていいものかどうか」がわかる。

この「フードピクト」を展開しているのは、NPO法人インターナショクナル。今から10年前、まだ大学生だった菊池信孝さんが発案したものだ。自らNPOを立ち上げ、フードピクトの普及拡大に奔走し続けている。彼を駆り立てたものは、何だったのだろうか?詳しく伺った。

f:id:itorikoitoriko:20160819174751j:plain

NPO法人インターナショクナル

代表理事 菊池信孝さん

「日本食が食べたかったのに…」イスラム教徒の留学生の言葉が胸に刺さる

きっかけは2005年、大阪外国語大学1年生の時に経験したJICAのボランティアだった。

菊池さんは、世界から来日するJICAの研修生に、日本に馴染んでもらうために電車の乗り降りや飲食店の入り方、買い物の仕方などを案内する「ワンデイボランティア」に、大学入学後すぐに参加。6月頃、サウジアラビア人を担当することになった。

宗教上の理由で豚肉、アルコール類が摂取できないことは事前に知っていたので、寿司やそばなど、素材がシンプルな日本料理の店を数店、前もって想定していた。

しかし、相手は非常に厳格なイスラム教徒だった。どの店に連れて行っても、「本当に大丈夫なのか」と不安がり、厨房までチェックしたがったという。

当時は、ハラル(イスラム教において合法なもの)はもちろんアレルギー食材に対する認知もほとんどなく、店員に使用食材を聞いても即答できないケースが多かった。どの店に案内しても「不安で食べられない」と拒まれ続け、結局、彼が安心して口にしたものは、ファストフード店のフィッシュバーガーだった。

「彼は決して日本食が嫌だったわけではなく、とても興味を持ち、食べるのを楽しみにしていたにもかかわらず、それが叶いませんでした。『日本食が食べたかった』という悲しげな表情が胸に刺さり、心から残念に思いました」

この出来事は、菊池さんの心に深く刻まれ、視点を大きく変えるきっかけになった。留学生が多い大学だったため、外国人と交流する機会があるたびに「普段どこで何を食べているのか」「どこで食材を購入しているのか」など、食に関するヒアリングを重ねたという。その結果、留学生がいかに苦労を強いられているか見えてきた。

「まずは学食。今は対応されていますが、当時は外語大学にもかかわらず食材表示もなければベジタリアンメニューも、ハラルメニューもありませんでした。周辺の食堂やレストランも同様なので安心して食事を取ることができず、昼休みに学生寮に戻って自炊をしているというんです。また、せっかく日本人の友達ができても、外食ができないのでなかなか交流が進まないという声も聞かれました。どこかに遊びに行くとしても、どうしても食事が絡みますからね。そして、宗教や信条ごとに、食材のタブーも全く違うこともわかりました。例えば、ヒンドゥー教徒は肉類、特に牛肉は禁忌。ユダヤ教では豚や甲殻類、イカやタコのほか、肉類と乳や乳製品を食べ合わせることも禁じられています。すなわち鳥や牛は食べられますが、例えばチーズバーガーやチキンクリームシチューなどはNGということ。これだけさまざまな食のタブーがあり、こんなにも複雑なのかと、改めて驚かされました」

「食材の多言語表示」の限界に気づき、「フードピクト」を発案

f:id:itorikoitoriko:20160819174752j:plain

「まずは大学内で何かできないか」との思いに突き動かされた菊池さん。周りの仲間に呼び掛け、翌年7月に行われた学園祭に出店する模擬店約80店に、使用食材を多言語で説明するポスターを掲示するという活動を行った。使用している肉の種類、アルコール含有の有無を説明するという簡単なものだったが、日本の学生、留学生、一般来場者からも「このような取り組みは大切だ」と好意的な意見が集まったという。インターナショクナルという組織を作り、本格的に課題解決に動こうと決めたのもこの頃だ。

そんなとき、大学の教授に「この取り組みをソーシャルビジネスコンペに出してみてはどうか」と勧められ、2006年、大学2年生の秋に応募。書類審査、プレゼンテーション審査、準決勝…と、とんとん拍子に進んだ。

ただ、決勝を前に、一つの問題が生じた。模擬店で表示した言語が日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語だったため、一部の留学生から「日本語も英語もわからないから利用できなかった」との声が挙がったのだ。しかし、単に表示言語を増やしていく方法では限界がある。

「仲間たちと話し合い、さまざまな意見を出し合う中で、『使用食材をイラストにすればいいのではないか』という結論に至りました。そして、準決勝で敗退した別の出場者の中にデザイナーの方がいたので相談すると、『面白そうだから手伝うよ』と言って下さったんです」

準決勝から決勝に至る間には、数カ月の期間があった。その間にフードピクトを開発し、秋の文化祭において模擬店30店で実験表示を実施し、好感触を得た。噂を聞きつけた学外のイスラム教徒が訪れ、「日本人がこういう行動を起こしてくれたことが嬉しい」と喜んでくれた。

また、大学近くのコンビニに働き掛け、おにぎり、パン、サンドイッチの棚を借りてフードピクトを付けるという実験も行ったところ、新規来店客が増え、売り上げが150%に増えた。これらの反響や実績が、菊池さんを勇気づけたという。

「そして、決勝の場で自信を持ってフードピクトを披露、優秀賞をいただくことができました。それよりも嬉しかったのは、決勝に進んだ5組のプレゼンのうち、観客がもっとも共感したプレゼン内容に与えられる“共感賞”をいただけたこと。フードピクトは世の中に必要とされているという確信が得られ、本格的に活動を始めようと決意しました」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。