ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪府河内長野市・滝畑ダム集落跡を見守る岸壁の「磨崖仏」とは?

IMG_3573

つい先日、大阪府河内長野市にある滝畑ダムを訪れた時のこと。

目的は、観光も兼ねた写真撮影の練習。

ダムって一度、行ってみたかったんですよね。

IMG_3532 - コピー

なんでも、昭和42年に建造されたこのダムの湖底には、かなり大規模な集落跡があるのだとか。

そんな話をぼんやり思い出しながらダム周辺で写真を撮影していると、何やら不思議なものが……。

IMG_3607

崖に何か、人の顔のようなものが見えませんか?

もっとも、ここからでは遠すぎてわかりづらいので、ズームアップしてみましょう。

すると……。

IMG_3638

なんと! 岸壁に巨大なお地蔵様が彫られているではありませんか!
しかもよく見れば、その隣に観音様まで!

これは一体、何なのか!?

個人によって作られた岸壁の菩薩

IMG_3665

張り紙によれば、これは「磨崖仏」と呼ばれるものだそうです。

簡単に言えば、岩肌に彫られた菩薩像のことであり、日本のみならず世界中に存在しているのですが、この滝畑磨崖仏のように、ダムの側というのは少々珍しいケースみたいですね。

なんでも大正時代、高野山へと通じていた付近の山道は非常に険しく、たくさんの方が命を落とされたのだとか。

その悲劇に心を痛めたのが、当時の郵便局長であった夏目庄吉氏。

道中の安全と亡くなられた方の鎮魂のため、6年の歳月を経てこの磨崖仏を作り上げたのです。

この夏目さんが一体どのような人物であったか。
それを伝える正確な資料は確認できませんでしたが、唯一、当時のこんな証言を見つけました。

昭和の三年やったかにな、郵便局の局長さんがな、ユリノのダムの堤防の下になる崖んとこの岩に観音さん彫ってな、おまつりしたァるんや。

あこの岩ァあんまりきれェやさかいな、観音さん彫ったんやちゅうけどな、わたしら小さいころでしたわ。岩のとこい足場してな、彫ってましたわ。
(引用元:河内長野市教育委員会『河内滝畑の民話』)

それにしても、これほどまでのものを作り上げるとは……。

凄まじい執念を感じさせられます。

地蔵信仰と関係が?

518754

調べたことによりますと、この河内長野、特に滝畑とその周囲は、地蔵信仰が盛んな地域であったそうです。

なんでもこの地域には、古くから「塞の神」(サエノカミ)と呼ばれる神が信仰されており、自然石や大きな切り株をそれに見立てて祀り、村に厄災が入り込まないようにしていたのだとか。

それがいつしか地蔵菩薩と結びつけられてサエノカミ=地蔵となり、この地域一帯には今でも多くの地蔵が見られるのだそうです。

これはあくまでも私の憶測なのですが、ひょっとするとこの磨崖仏も、巨大なサエノカミだったのかもしれませんね。

道中の安全、死者の慰霊の他にも、滝畑集落に厄が入り込まないようにするという目的があったのかも……。

是非一度、その目で確かめて!

というわけで、大阪は河内長野、滝畑ダム岸壁の磨崖仏についてでした。

フランスの郵便局員が30年以上かけて作り上げた『シュヴァルの理想宮』という城については知っていましたが、まさか日本にもそのようなものがあるとは!

とにかくこのすごさは、自分の目で見なければ実感できません。

史跡や仏像に興味がある人は、是非一度、双眼鏡片手に現地へ向かってご覧になってください。

きっとその佇まいに、何とも言えない感慨を覚えることでしょう。

「かわちながの観光ボランティア倶楽部」へ事前に連絡しておけば、かなり詳細な案内をして下さるそうなので。
(観光案内所の方も、非常に積極的でした!)

滝畑ダム

住所:河内長野市滝畑240-2
(河内長野駅より南海コミュニティバスで40分ほど、「滝畑ダムサイト」から歩いてすぐ)

TEL:0721-62-3672

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: lazeengine) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy