体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【講習で取れる資格】今はモールス電信の実技試験なしでOK! 『第三級アマチュア無線技士』の資格を取得してみた

25d36b51b1ab923e4c0ea58997c97979_s

講習で取れる資格だけど今はモールス電信の実技試験なしでOK! 『アマチュア無線技士』の「資格」とは……?

今まで、「就職や転職をする時にライバルに一歩差を付ける為に、履歴書に書く事が出来るような資格」の取得体験レポートを執筆して来た筆者ですが……。

967e200c3e0ded662fcefe5e2648763c_l

この度、特に就職や転職には必要ではない、「趣味の資格」を取ってみる事にしました。

数ある「趣味の資格」はピンからキリまでありますが、どうせなら、資格の制度に法的な裏付けが存在して中央省庁か都道府県レベルの地方自治体が所管する「国家資格」を取得したいところです。

そんな「国家資格」の中でも、取得していると周りの人に「へぇ~!」と感心される資格があります。

その資格とは……!

b5a841364caf56fbaef4a2e0fc1e6adc_s キャプチャ

それが、『第三級アマチュア無線技士』の資格です。

取り急ぎ、ご報告致します!

『第三級アマチュア無線技士』の資格とは……?

総務省が所管官庁の『第三級アマチュア無線技士』。この資格を取得すると、アマチュア無線局の空中線電力50W以下の無線設備で、18MHz以上または8MHz以下の周波数の電波を使用するものの操作が行うことができるようになります。

そんな『第三級アマチュア無線技士』の資格は、国家試験で資格が取得出来るほか、総合通信局長の認定を受けた団体が実施する養成課程を受講して、終了試験に合格する事で、資格を取得する事が出来ます。

受講資格には制限なし、つまり経験ゼロでも受講可能です。

講習科目は以下の通りです。

無線工学

1.無線設備の理論、構造及び機能の初歩
2.空中線系等の理論、構造及び機能の初歩
3.無線設備及び空中線系等のための測定機器の理論、構造及び機能の初歩
4.無線設備及び空中線系並びに無線設備及び空中線系等のための測定機器の保守及び運用の初歩

法規

1.電波法及びこれに基づく命令の簡略な概要
注 モールス符号の理解が含まれる。
2.国際電気通信連合憲章、国際電気通信連合条約及び国際電気通信連合憲章に規定する無線通信規則の簡略な概要

さて、実は筆者は、第四級アマチュア無線技士(旧・電話級)の資格を持っているのですが、JARD(一般財団法人日本アマチュア無線振興協会)では、第四級アマチュア無線技士資格取得者の為の「第三級短縮コース」講習を実施しています。

JARD/養成講習会のご案内/4.第三級短縮コースについて
https://www.jard.or.jp/yoseikatei/course/[リンク]

キャプチャ

「第三級短縮コース」の授業科目と修了試験は、法規・無線工学の2科目となり、1日で第三級アマチュア無線技士の養成課程を修了することが可能となりました。
しかも、今まで第三級短縮コースを受講するための必須条件となっていた「選抜試験(電気通信術の試験)」が廃止となりました。

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde37326

「1日で資格取れちゃうんだ!」

問題集を購入し、自力で勉強して国家試験を受けるのも良いですが、予備知識無しで1日で講習を受講して、終了試験を受けた方が、効率的に時間を有効活用出来るのは間違いありません。

ちなみに、『第三級アマチュア無線技士』は、筆者が体感したところでは、講習で取得出来る資格としては、比較的容易な資格ではありますが、「それなりに覚える事がそこそこある」ため、なるべく記憶力やモチベーションが高い、早い時期に受講した方がいいな、と感じました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。