ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

幻のホームが2日間限定で公開 旧姫路モノレール『大将軍駅』公開イベントが8月に開催

DSC_5373trim

兵庫県姫路市は7月29日、旧姫路モノレール『大将軍駅』期間限定公開イベントを、8月13日(土)と14日(日)の2日間限定で開催すると発表しました。

姫路モノレールは1966年に開業し、わずか8年後に営業休止、その後廃線となった幻のモノレールですが、そのなかでも、『大将軍駅』は開業から2年足らずで休止となった幻の駅です。これまで、そのホームは長らく封鎖されており、テレビ取材でさえも立ち入ることができませんでした。今回、解体工事を目前に控え、『姫路モノレール開業50周年シンポジウム』のプレイベントとして『大将軍駅』公開イベントが開催されます。

normal-DSC_7795

『大将軍駅』を含む『高尾ビル』(『高尾アパート』)は、駅、商業施設、集合住宅が一体となった、50年前としては画期的な複合施設でした。現在では駅直結型のマンションは珍しくありませんが、『大将軍駅』はその先駆者であるといえるでしょう。10階建てのアパートをモノレールが貫く、その荒削りでインパクトのある外観は、一度見れば忘れられません。現地を歩けば、『兵どもが夢の跡』を感じられます。

このように産業遺産としても価値のある『大将軍駅』ですが、主に耐震性と老朽化の問題から解体が決定しています。解体工事は公開イベントの直後の8月中旬から開始し、年内には完了する予定です。

そのため、この公開イベントが幻のホーム跡を見学する最後の貴重なチャンスとなります。日程はコミケと重複していますが、無理に都合を付けてでも参加する価値はありそうです。

なお、公開イベントの参加には事前の応募が必要となり、当日の飛び入り参加は一切できません。応募期限は8月5日(消印有効)、応募多数の場合は抽選となるとのことです。応募受付期間が大変短いため注意が必要です。

応募方法は姫路市手柄山交流ステーションのWEBページ内に掲載されています。

姫路市 手柄山交流ステーション
http://www.city.himeji.lg.jp/s80/koryustation.html [リンク]

写真提供 / OPAP-JP (CC-BY 4.0)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: Butameron) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき