体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

休館まであとわずか! 東京都庭園美術館『アール・デコの館』その建物の魅力をチャラく? 解説

休館まであとわずか!東京都庭園美術館『アール・デコの館』その建物の魅力をチャラく?解説

東京都庭園美術館は、11月1日より、リニューアルオープンに向けて、全面休館期間に入ります。その期間は、約3年。3年とは、長い……。 中1の子が、高1になってしまう長さです。「これは、休館してしまう前に、見納めしておかねば!」というわけで、東京都庭園美術館の “アール・デコの館” に行ってきました。

アール・デコの館 『東京都庭園美術館』
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/2011artdeco/index.html[リンク]

この記事にはたくさんの写真が出てきます。すべての写真が見たい方はこちらからどうぞ

休館前のラストランとなる美術展は、これまでにも何度が開催されてきた、建物そのものを美術品として楽しむ展覧会。

過去の模様は、こちらから
・アール・デコの館 ―庭園美術館建物公開―『アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】』
http://ameblo.jp/artony/entry-10498224870.html[リンク]
・東京都庭園美術館建物公開―朝香宮のグランドツアー『アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】』
http://ameblo.jp/artony/entry-10742687953.html[リンク] 

今回も、館内で写真撮影は可能です。見納めしつつ、撮り納めしつつ。

東京都庭園美術館館内 東京都庭園美術館館内

しばらく休館するからでしょうか、今回の建物公開は、いつもよりも露出が高くなっていました。 (←?)

“えっ、ここまで見せちゃうの!?” 大胆になった東京都庭園美術館に、ドキドキです。 (←???)

例えば、これまでベールに包まれていた……というより、カーテンに覆われていた中庭も公開。

東京都庭園美術館中庭 東京都庭園美術館中庭

そして、金庫も公開! いかにも、ルパンに狙われそうな姿かたちをした金庫です(笑)。

東京都庭園美術館金庫

さてさて、今回、見納めだとばかりに、隅から隅まで、東京都庭園美術館の内装を堪能して、一つ気が付いてしまったことが……。

“この建物って、実は、チャラくね?”

“東京都庭園美術館=元朝香宮邸 ⇒ ゆえに ⇒ お上品な建物”という印象が、今まで何となくありましたが、そういう固定観念を拭って、純粋な気持ちで、この建物を観てみると、わりとチャラチャラしていることに気が付きます。

まぁ、そもそも、アール・デコの “デコ” が、デコレーション、つまり、装飾のこと。デコ電やデコ爪の “デコ” と、意味は一緒なのです。チャラいのも納得です(笑)。

ではでは、東京都庭園美術館のチャラポイントを、紹介していきまショータイム!

「壁、すごうぃーね!」

壁がすごい!東京都庭園美術館

「照明、多うぃーね!」

東京都庭園美術館照明

「手すり、無駄にデカうぃーね!」

東京都庭園美術館手すり

……これ以上、続けると、キャラが崩壊しそうなので、この辺で(笑)。

ともあれ、隅々まで、目を凝らすと、単なるお上品なだけの建物でないのが、よくわかります。バルコニーも、なぜか二重ですし(あの隙間は、何?!)。

東京都庭園美術館バルコニー

こんなに楽しい建物だったのかと、気づいた時には、もう休館。なんだか、切ないです……。

3年後のリニューアルオープン。あげぽよ~ (←キャラ崩壊)。

東京都庭園美術館模型 東京都庭園美術館模型

執筆: この記事はアートテラー・とに~さんのブログ『アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】』からご寄稿いただきました。

アートテラー・とに~:日本でただ一人のアートテラー 。難解で、敷居が高い。そんな美術のイメージを払しょくするべく、独自の視点で、面白くおかしく、美術を語る職業です。これまでに、森美術館をはじめ、数多くの美術館の公式イベントを担当。また、カルチャーセンターや講演会、はては、結婚式の余興などなどで、美術トーク(美術漫談?)を披露しています。最近では、自らアートツアーやアートトークイベントも企画。年間100本近くの企画を、精力的に開催しています。
・大東京お笑い建築ツアー&トーク(ガイド)『森美術館』[リンク]
http://www.mori.art.museum/contents/metabolism/public/index.html#pp09
・東京右半分アート事情最前線~注目スポット3館の代表者がご案内します~(主催)『アミューズ ミュージアム』l[リンク]
http://www.amusemuseum.com/blog/2011/10/post-268.shtm

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。