ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ライアン・レイノルズが激白! 『デッドプール』製作秘話や“あの黒歴史”について語る

deadpool_taipei_main

6月1日より全国744スクリーンにて公開され、初日・週末ともに堂々の国内興行収入1位を獲得して大ヒットスタートを切った映画『デッドプール』。きっと劇場に足を運んだ誰もがこう思ったことだろう。

「これぞ俺たちの見たかったデッドプールだ!」

主演・プロデューサーとして苦節11年の末に今作を生み出したライアン・レイノルズ。実は、今年1月に台北で開催されたプレミアイベントに出席した彼が、デッドプールとの出会いや映画製作の苦労、さらには、「黒歴史」と揶揄される『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』や『グリーン・ランタン』に至るまで、全て本音で語っていたのだ!

以下、日本でも劇場公開を迎えた今だからこそ楽しめる、現地Q&Aの模様をたっぷりとお届けする。

デッドプールとの出会い

司会者:初めてデッドプールと出会ったのはいつ頃ですか?

レイノルズ:2005年にスタジオの幹部から紹介されたんだ。彼は『デッドプール』の映画化権を取得していて、「君にぴったりの役だ」って。僕がデッドプールを知らないと言うと、コミック全巻を送ってきた。読んでみると「正にハマり役だ」と思った。そしたら、「君を主役にして僕のスタジオで映画を撮ろう」って言われたよ。

司会者:10年後に作ろうって(笑)?

レイノルズ:そう! いやいや……、実はその話の直後に、その幹部はクビになってしまった。後任で入った担当に掛け合ってみたけど、「デッドプールなんて知らないし、興味がない。俺は『X-MEN』を作るんだ」と言われて、聞いてもらえなかった。そのまま企画はボツになって放置されてしまったんだ。だから時間がかかってしまったんだよ。

レイノルズが考えるデッドプール像

Q:デッドプールとご自身が似ている点はどこですか? また、この役を演じる上で何が一番大事でしたか?

レイノルズ:よく妻には、「今あなたはどっちなの? ライアン? それともデッドプール?」って言われるんだ。デッドプールは僕の分身のようなもので、スイッチひとつで切り替えられる気がする。もう10年以上も関わってきたから、僕でさえ、ライアン・レイノルズがデッドプールを演じているのか、デッドプールがライアン・レイノルズを演じているのか、よく分からなくなるよ。

デッドプールは冗談ばかり言ってるけど、どこか心に響くものもある。彼のユーモアは痛みを覆い隠すためのものなんだ。すごく大事に思ったのは、ヤツがただ可笑しいことを言ってるだけのキャラだと、映画としてまとまりがなくなってしまう。まずは現実に根ざした男にしたかったんだ。その後、解放して思いっきり自由にやらせるためにね。

Q:デッドプールを演じて楽しいところは? あなたはとても優しい良い人ですが、映画のデッドプールはかなり劣悪です。

レイノルズ:そうだね。普通、人間って酷いことを考えても、脳のどこかでフィルターにかけて「それは口に出して言ってはいけない」と規制しているんだ。でも、デッドプールはそれを完全に無視している。言いたいことは何でも言ってしまう。そこが爽快だね。あと、デッドプールはアンチヒーローで、良いヤツではないけど、悪いヤツとも言えない。僕は道徳的に柔軟性があるキャラクターを演じるのが楽しかった。しかも、これは珍しいことだよね。コミックの世界、特にマーベル・コミック、X-MENの世界はみんな極端に良いヤツばかりだ。そんな世の中にデッドプールを送り出せたのは良かった。肝っ玉が据わった(=guy with balls)ヤツがひとりくらい居てもいいんじゃない?

司会者:君が「タマ(=balls)」の話をしたから持ち出すけど、昨日の晩、試写を観てヌードのシーンがあった。火の中の戦いのシーンでは真っ裸で、宙返りをしたときに一瞬、「えっ、今見えたんじゃない?」って思わず隣の人に言ってしまったよ(笑)。

レイノルズ:あのシーンね。実はデヴィッド・クローネンバーグ監督の『イースタン・プロミス』という映画のアクションシーンが大好きなんだ。ヴィゴ・モーテンセンがロシアのサウナで真っ裸のまま相手と戦う。全裸で激しい戦いをするほど、人間の脆さを感じるものはないと思ったんだ。どこか粗野だし、ヒヤヒヤさせられるし、傷つきやすさも感じられる。あのシーンはそこからヒントを得て作ったシークエンスなんだ。あの映画が大好きだから、監督にこういうことをやりたいって伝えた。どこかデッドプールらしさがあると思ったんだ。でも、そこばっかり観ないで欲しいな。じゃないと、「あ、今アレが見えた」っていうだけのシーンになっちゃう(笑)。

苦節11年の挑戦

Q:セリフに関して、脚本に全てが書かれていたとは思えませんでした。アドリブの自由度は高かったのでしょうか?

レイノルズ:完全に自由だったよ。スタジオは、それまでの10年間はずっと「ダメ」と言い続けて、多分あまりにも僕たちがしつこいんで根負けしたんだと思う(笑)。「ぎりぎりの予算を出すから、映画を作って来い。もう我々をほっといてくれ」って感じでね。僕たちとしては大喜びさ。現場に誰も指図する人もいなかったし、規制する人もいない。

でも、デッドプールは第四の壁を壊すし、変わり者だし、特殊なジャンル映画だから、フッテージを観てスタジオに何回か怒られたことがある。僕がスタジオのお偉方の名前を具体的に言う場面があったんだけど、それは気に入らなかったみたいで、カットさせられた。あと、予算が足りないからX-MENのキャラを2人しか登場させられなかった。「なんだよ、こんな大きな館に2人しか居ないの?」って思うよね(笑)。本当はもっといろんなメンバーを出したかったよ。

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』は「間違っていた」

Q:メイクの話を聞かせてください。マスクの下の醜い顔を初めて見た時はどのように思いましたか?

司会者:でも、2009年の『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』で既に同じ役はやっているよね?

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき