ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電気ショックで強制起床!朝起きれない人のためのアラームバンド「Shock Clock」

Shock Clock

日曜夜電気ショックで強制起床!朝起きれない人のためのアラームバンド「Shock Clock」

誰しも寝坊した経験はあるだろう。たまにならいざしらず、常態化すると社会生活に支障が出てくる。上司にチクチク嫌味を言われるなんてことも。

いろんな目覚まし時計を試したけれど、どれも効果なし…。そんな人に、ぴったりなウェアラブルタイプの目覚ましを紹介しよう。電気ショックで起床を促す「Shock Clock」だ。

・振動→アラーム音→電気ショック

Shock Clockはフィットネストラッカーのような外観で、手首に装着し、スマホのアプリでアラームをセットする。

Shock Clock2最大のポイントは、3段階で起床を促すこと。設定した時間になると、まずは振動で起床時間を知らせる。

Shock Clockはモーションセンサーを内蔵。ユーザーが本当に起床したかどうかがわかる仕組みになっていて、振動した後も寝続けていたら、今度はアラーム音が鳴る。

それでも寝続けていたら?最終的に電気ショックで起床を促す。開発元は、これだとどんなに眠りの深い人でも起きる、としている。

Shock Clock3・ショックの強弱は調整可能

ただ、電気ショックの感じ方は人それぞれ。Shock Clockはアプリで電気ショックの強弱や回数、さらには振動の強さ、アラーム音の大きさも調整できるようになっている。

また、3段階で起床を促す、としたが、アプリでアラームのタイプを組み合わせたり、どれか一つだけを設定したりすることもできる。

Shock Clock4今後は、ユーザーが起床したかどうかを家族や友人がアプリで確認したり、もし起床していなければ電気ショックを与えたりすることができる機能の追加も視野に入れているとのこと。

これぞ、求めていたもの!と思う人は、クラウドファンディングサイトIndiegogoをチェックしてほしい。今なら89ドル(約9800円)の出資で入手できる。

出資期限は5月10日までとなっている。

Shock Clock/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。