ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界初公開の原画やここにしかないオリジナルグッズも! 4/23 『スヌーピーミュージアム』オープン!

記事の画像1 世界初のオフィシャルサテライトとなる『スヌーピーミュージアム』が東京・六本木にオープン。『ピーナッツ』ファンにはたまらない、原画や資料の数々から、ここにしかないオリジナルグッズまで、その魅力をお伝えします。

『ピーナッツ』の魅力たっぷり! 何回来ても楽しめること間違いなしの『スヌーピーミュージアム』

アメリカ・カルフォルニア州にある本家『チャールズ M.シュルツ美術館』の世界初オフィシャルサテライトとなる『スヌーピーミュージアム』が、2016年4月23日(土)より東京・六本木に開館。2018年9月25日(日)までの期間中、年中無休で『ピーナッツ』の世界観を展開していきます。

館内ではまず、お客さんが「ピーナッツの世界から出てきた仲間に出会った」と思えるようなかわいく、親しみやすいユニフォームに身を包んだスタッフのみなさんがお出迎え。スヌーピーがあしらわれたネクタイと、ウッドストックがあしらわれたロゼットがチャームポイントです。

入ってすぐのところには、作者チャールズ・シュルツ氏の歩みを写真などで紹介している区画と、『ピーナッツ』のコミックで作られた『3D ピーナッツ』が。作者は、本家『シュルツ美術館』の吹き抜けの広間にもアート作品を展示しているアーティストの大谷芳照氏。

本家で飾られているアート作品『Tile Mural Wall』はタイルに焼き付けた3588枚のコミックから成っていますが、それに呼応する『3D ピーナッツ』には、本家を上回る4452枚ものコミックを原画を思わせるような紙にあしらい、立体的な展示を構成。その緻密さに驚くとともに、コミックひとつひとつをじっくりと眺めたくなる作品です。

何度来ても新しい出会い! 半年に1度入れ替わる展覧会

『スヌーピーミュージアム』では、本家所蔵の貴重なコレクションが、半年ごとの企画展で次々と公開されます。オープン記念展は『愛しのピーナッツ。』。チャールズ・シュルツ氏の夫人、ジーン・シュルツ氏が愛する原画や資料の数々、約150点を展示します。

1 2 3 4次のページ
Nagaya Ayakaの記事一覧をみる

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy