ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100万円台でトレンド先取り!? BMWのステーションワゴンをお得にゲットせよ!

▲3シリーズのプラットフォームをベースにステーションワゴンのボディをまとったツーリングモデル。写真は2005年式

▲3シリーズのプラットフォームをベースにステーションワゴンのボディをまとったツーリングモデル。写真は2005年式

じわじわきている!? ステーションワゴン人気

マツダ「アテンザ ワゴン」や「アクセラ スポーツ」、スバル「レヴォーグ」、トヨタ「カローラ フィールダー」などなど、近年、各メーカーがデザインや性能など様々な要素を高め、売り出しに力を入れてきている『ステーションワゴン』というカテゴリー。昔は、どちらかというと家族向けという印象がありましたが、近年では若者の注目度も高いようです。

「ステーションワゴンって何? ミニバンとは違うの?」と思う方もいらっしゃると思うのでカンタンに補足すると、ここでいうステーションワゴンとは、2BOX(ボンネットがありエンジンと乗車・積荷スペースが分かれた車)で車高が高くない乗用車のこと。乗車人数はミニバンとさほど変わりませんが、ボンネットと車高の違いから、見た目が全く違います。安易な言葉で表すならば、スマートでスタイリッシュ。それでいて、荷物も積めるし人もたくさん乗れる……見かけによらずデキる子といったイメージでしょうか。

このような高いデザイン性と実用性が共存する車が注目を集める背景は、近年のSUV人気に似ているように思います。つまり、今後さらに需要が上がっていくカテゴリーではないかと予測できるわけです。今回は、この筆者の勝手なトレンド予測(?)にご同意いただける方、あるいは昔からステーションワゴンが欲しかった方に今こそオススメしたいBMWの中古車をご紹介します。冒頭に挙げた国産車も良いですが、輸入車もステキですよ。

BMW 3シリーズ ツーリングという選択

BMWと聞いて「いやいや、そんな予算はないですよ……」と肩を落としたアナタ。安心してください、100万円台で手に入るんです。

BMWのステーションワゴンといえば「3シリーズツーリング」というモデルが該当します。この2代目、つまり、1世代古いモデルであれば、相場がじわじわ下落し、今まさにお手頃なお値段なんです。

「なんだ……。つまり古いってことかよ」と思ったアナタ。大丈夫です。世代落ちしているからといって引け目を感じる必要はありません。

というのも、素人目であればあるほど、世代での視覚的差はそこまで分らないのです。これは、筆者の個人的な意見になりますが、輸入車の多くはブランドとしてデザインの方向性が確立されているので、旧型=古くてダサい、といったような印象はほとんど感じません。そしてBMWでもこの3シリーズ ツーリングは、よりそういったカテゴリーに属すると思うのです。

ちなみに、現行型の中古車相場は229万~679万円、2代目は48万~289万円。たとえデザインの差が気になったとしても、これだけお安く手に入れば許せちゃう気がするのは、筆者だけでしょうか?

▲こちらが2代目モデルのエクステリア

▲こちらが2代目モデルのエクステリア

▲こちらが現行モデルのエクステリア。筆者としては、そこまで大差を感じないのですがいかがでしょうか?

▲こちらが現行モデルのエクステリア。筆者としては、そこまで大差を感じないのですがいかがでしょうか?

では、現行型とはどのような差があるのか?

大きくは積載性です。現行型だと、ラゲージルームが旧型比+35Lの495L、シートの組み方によっては最大で1500Lにまで拡大しています。また、リアシートを3分割に倒すことができたり、テールゲートが自動開閉機構であるオートマチックテールゲートオペレーションになっていたりと、全体的な利便性も向上しています。

とはいえ、2代目のラゲージも460L~最大1385L。工夫すれば、ゴルフバッグが3~4個は積めるでしょう。このモデルの特徴であるガラスハッチ(小物類の出し入れに便利な小窓)も健在。ちなみに安全性能に関しても各自動車評価機関から高い評価を得ており、初代モデルで問題を指摘された衝突面も改善されています。

これ、性能としてはなかなか十分だと思うのですが……いかがでしょうか?

▲こちらが、2代目モデルのラゲージ。2列目を倒せばここまで広く荷積みスペースが確保できます

▲こちらが、2代目モデルのラゲージ。2列目を倒せばここまで広く荷積みスペースが確保できます

▲超便利なガラスハッチ。口コミでもこの装備に好感を持っているオーナーが多いことが分かります

▲筆者個人的にも推しの装備「ガラスハッチ」。オーナーさんの話を聞いても、この装備がお気に入りという方は多いです

賢い物件探しのススメ

もちろん、新しいものがより良いことは確かですので「どうしても最新モデルに乗りたい!」とこだわりのある方には無理にオススメできませんが、どちらかといえば筆者と同意見の方であれば、この2代目3シリーズ ツーリングは良コスパ物件と認識していただけるのではないでしょうか。

そしてもし、そう思っていただけた方がいらっしゃるならば……320iと320i Mスポーツパッケージが狙い目だとオススメさせてください。このグレードであれば流通量が豊富なので、質の良いものから選べることが予測できます。これに該当するもので、走行距離7万km以下・総額100万円台であれば、超お買い得物件といえるでしょう。近場にあれば、ぜひチェックしてみてください。

来る!? ステーションワゴンブーム(筆者予測)を先取り、今買いの「BMW 3シリーズツーリング」という選択、ご同意いただけるならば、ぜひ。

【関連リンク】

BMW 3シリーズ ツーリング(2代目)320i・320i Mスポーツパッケージで走行距離7万km以下の物件を探すtext/編集部

photo/尾形和美・BMW

関連記事リンク(外部サイト)

BMW 3シリーズ ツーリング(2代目)320i・320i Mスポーツパッケージで走行距離7万km以下の物件を探す

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。