ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「MZ617」”Pasteur”がGL Benchmarkサイトに登場、SoCはTI OMAP 4?

  ベンチマークアプリ「GL Benchmark」の公式サイトに、Motorolaの新型タブレットと思われる「MZ617」”Pasteur”の情報が登録されていました。「MZ617」は10.1インチサイズのタブレットで初代XOOMの後継と噂されており、最近では、米VerizonのCellebrite端末上にもモデル名「MZ617」とコードネーム”Pasteur”が表示されていたという情報も出てきています。GL BenchmarkアプリはAndroid 3.2で実行されていますが、最終的にどのバージョンを搭載するのかは不明。画面の解像度は”1,280×752”と表示されていますが、GL Benchmarkアプリでは、後者のピクセル数が仕様よりも若干低く表示されるので、実際には1,280×800と考えられます。(解像度QXGAのタブレットを開発中という噂も流れていましたが・・・)

「MZ617」にはチップメーカー不明ながらも、1.2GHz駆動のデュアルコアCPUを搭載すると伝えられています。「PowerVR SGX540」をGPUとして搭載しているようなので、SoCはTI OMAP 4(4430?)の可能性が高そうです。Motorolaは10インチと7インチの新型タブレットを11月~12月に発表すると、中時電子報が伝えていたりします。Source : GL Benchmark   


(juggly.cn)記事関連リンク
ヤフー、Yahoo! JAPANのAndroidアプリを公開
ヤフー独自のホームアプリ「Yahoo! ホーム」がYahoo! Phone以外でも利用可能に
Samsung、5.3インチ「Galaxy Note」を今月より欧州で発売、韓国向けにLTE対応版を用意

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。