ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ここがカラオケなの!? 店内に寿司カウンターも! ホテルみたいな『CHECK room service』に行ってみた

6475301

続々と新名所がオープンしている大阪ですが、ランチにディナー、パーティー、さらには出張のちょっとした休憩にも使える、上質な食と遊びが楽しめる新たな空間『CHECK room service/チェック ルーム サービス』が、3月24日心斎橋オーパ11Fにオープンしました。

※すべての画像入りの記事はガジェット通信でご覧ください
https://getnews.jp/archives/1441355[リンク]

寿司ななめ

『CHECK room service』で提供するのは本格的なワンランク上の食、そしてカラオケやダーツといった遊びの空間。個室のカラオケルームも備えつつ、カラオケ以外にも利用できる、大人のための大型ラグジュアリーカラオケラウンジ。店内には寿司カウンターまであるんです! 早速訪れてみたので、店内をチラ見せ。

6

心斎橋の店舗は、東京・西麻布にあるVIP御用達ラグジュアリーカラオケ『CHECK nishiazabu 本店』の姉妹店。そう聞くと敷居が高く感じますが、西麻布店よりも気軽に楽しめるようなカジュアル要素を取り入れたのがこの心斎橋店。

バーカンからの景色(昼)

“最高のルームサービスを提供いたします”をキャッチワードに、カラオケや本格的な料理とともに、こだわりのお酒も合わせて楽しめる新コンセプトフロアとなっています。VIP御用達のサービスが気軽に楽しめるなんて、なんだかワクワクしちゃいますね!

レセプななめ遠

デザイン設計は、谷尻誠氏・吉田愛氏が率いる今最も注目されている建築事務所『サポーズデザインオフィス株式会社』が監修。ホテルを思わせる受付も、ラグジュアリーさと落ち着いた空間を演出しつつ、ポイントとして使用されているチェック柄のデザインがカジュアルさを生み出します。

ワンフロアを丸々使用した広い店内はコンセプト別のエリアに分かれており、受付から左側に入るとラウンジレストランへ。

ラウンジレストラン

ガラス張りで明るく開けたラウンジレストランは、ちょっとお茶をしたり、ランチを楽しむのに最適。1人でも気軽に利用できそう。

4074644698680

夜は夜景も楽しめるので、デートにもピッタリ。

10 11

安心・安全を心がけ、味だけでなくオーガニックなど素材にもこだわったフードは800円から、ドリンクは500円からとリーズナブルな価格設定。ディナーやお酒を楽しむグランドメニュー以外にも、11時~15時はランチメニュー、15時~17時にはアフタヌーンメニューを提供します。メニューには「西麻布チェックオリジナルカレー」も。VIPが親しむ味が食べられる!

バーガー1 バーガー2

オススメだという「和牛のプレミアムバーガー」を試食。肉好きが納得する、しっかりと厚みのある肉々しいパティが本格的なバーガーはパンも香ばしい。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy