ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Ericsson、「Xperia ray」SIMフリー版を米国で発売

Sony Ericssonが「Xperia ray ST18a」SIMフリー版の米国での発売を発表しました。定価は$424.99(約33,000円)。newegg.comを始めとした米国のECサイトで販売されるとのこと。今回発表されたのはXperia rayの米国版です。米国版はAndroid 2.3.4(Gingerbread)で発売されます。横幅53mm、厚さ9.4mm、重さ100gというコンパクトでスリム、そして軽いボディが特徴。3.3インチFWVGAサイズのTFT液晶、1GHzのシングルコアSnapdragon、512MBのRAM、背面に810万画素の「Exmor R」CMOSカメラ、前面に30万画素CMOSカメラを搭載。モバイルBRAVIAエンジンやxLOUD、3Dスイングパノラマ撮影機能などのSonyの技術も採用されています。3Gは米AT&Tの周波数に対応しています。Source : Sony Ericsson 


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、Eee Pad TransformerにAndroid 3.2.1へのアップデートを配信開始、日本モデルにも提供される予定
Samsung 「GT-I9250T」がWi-Fi Allianceの認証を通過、米T-Mobile版Nexus Prime?
Pantech、デュアルコアLTEスマートフォン「Vega LTE」を10月6日に発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。