ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2.5次元】イタチ&サスケと会話しまくり! J-WORLD『NARUTO』“忍戦ツアー”が楽しすぎる[オタ女]

26

『NARUTO-ナルト-』の人気キャラ“うちはイタチ”の本編では描かれることのなかった真実を描くTVアニメ『NARUTO-ナルト- 疾風伝 イタチ真伝篇~光と闇~』が3月より放送開始したことを記念し、 “ジャンプ”作品の世界観で遊べるテーマパーク「J-WORLD TOKYO」(東京・池袋)でタイアップイベントを開催中。

※すべての画像入りの記事はOtajoでご覧ください
http://otajo.jp/59174[リンク]

19 17 18

イベント期間中はイタチとサスケをモチーフにしたグッズやフードメニューが登場。

イタチ&サスケ忍戦ツアー1

それだけではありません! NARUTOエリアにある常設アトラクション『激闘! 忍界大戦絵巻!!』を暗部時代のイタチ、里を抜け成長したサスケに扮したアクターと一緒に体験するツアー型アトラクション『イタチ&サスケ忍戦ツアー』を開催中。

いつものアトラクションとどれだけ違うのか実際に体験してきたところ、思った以上にイタチとサスケがコミュニケーションをとってくれて楽しい! アトラクション内が暗いため細部までお見せできませんが、その魅力をお伝えします。

イタチもサスケもめっちゃ喋りかけてくれる

2

アトラクションへの入場は通常の時と同じ。整列して、無線機を受け取り装着します。

ツアーを一緒にまわれるのは、イタチ、サスケのどちらかのみ。一緒にまわりたい方のキャラを事前に選んでおきます。

今回はイタチを選択。無線機の説明を受け終わると、上忍として指導してくれる暗部時代のイタチを呼びます。

「イタチさーん!」(本当に呼ぶよう指示されます。)

3

イタチ「1人だから元気がないようだな」

本気で叫ばなかった筆者は、思わず「すみません」と謝ります。

イタチ「訓練とはいえ実戦向けの訓練だ。ふざけていると怪我をしたり、ときには死ぬこともあるからな。オレが上官となったからには、オレの指示には必ず従ってもらう。オレの命令は絶対だ。オレの言うことは絶対に聞くように」

すごい念押ししてくるイタチさん。

4

手を重ね、「行くぞ!オー!!」で早速訓練に出発。

5

一緒に火影の間で綱手様のお話を聞きいている、かと思ったら、イタチさんも無線機の説明を始めました。綱手様の説明が耳に入らない(笑)。

6

最前線でサスケの姿が目撃されている、という綱手様からの情報を聞くと、「この時代のサスケにもぜひ会ってみたいものだ……」と物憂げな表情を浮かべるイタチさん。そうだよね、お兄ちゃん……と思い、少し切ない気持ちになります。

イタチ「ここから先は忍者走りで迅速に移動する。忍者走りはアカデミーで習ったよな。その場でやってみろ

7

「えっ!?」とかなりとまどいながら、その場で腕を後ろにのばし、忍者走りのポーズをとる筆者。※写真は素速すぎてブレて見えるだけです。

イタチ「なんだふざけているのか!手は後ろでこうだ!」

恥ずかしがって手を抜いていたのがバレて、怒られてしまいました。お手本を見せてくれるイタチさん。その場で足踏みすればよかったんですね、すみません。

8

忍者走りでイタチさんのあとに続いて、先に進みます。慣れない忍者走り、疲れる……。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy