ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プライベートジェット乗り放題サービス「JetSmarter」が欧州に進出!

JetSmarterプライベートジェットといえば、世界長者番付リストの常連が所有するもの、というイメージがある。

しかし、米国でじわじわ利用客を増やしているのが、プライベートジェットが乗り放題になる会員制サービス「JetSmarter」。スマホで路線検索・予約できる手軽さを武器に、このほどヨーロッパに進出するなど勢いに乗っている。

・ファーストクラス以上の快適さ

プライベートジェットの売りは、何と言ってもゆったりとした快適空間が確保できること。

大型旅客機のエコノミー座席のように隣の乗客の足が当たったりすることもなければ、搭乗前に長々と待たされるということもない。つまり、ファーストクラスより数段上の快適さを約束してくれる。

JetSmarterではこうしたサービスを会員になることで無制限に利用できる。

JetSmarter2・計23路線に

JetSmarter は2013年にサービスを開始し、米国ではニューヨークやラスベガス、ロサンゼルスなどを拠点に15路線、中東ではドバイを中心とした3路線を展開。そしてこのほど、ロンドンやパリ拠点の5路線が新たに加わった。

路線が拡張されたことで、既存会員の利便性が向上するのはもちろん、新たな顧客獲得につながりそうだ。

JetSmarter3・高額だけどリーズナブル?

誰でも利用できる、としたが、もちろん富裕層向けのサービスであることは間違いない。会員費用は年間9000ドル(約101万円)。加えて、最初に登録費が3000ドル(約34万円)かかる。

額面だけ見れば高額。しかし、ジェット乗り放題という意味ではリーズナブルと考える人は少なくないようで、JetSmarterによるとこれまでに同アプリは35万回以上ダウンロードされた。

具体的な数字は明らかにしていないが、利用者数は毎月15〜20%ずつ増えているという。

同社は今後、3つのマーケットで拠点を増やしていく方針で、日本などアジアへの進出は今のところなさそう。しかし、アジア特化型の同様のサービスがいつ出てきてもおかしくはなさそうだ。

JetSmarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。