ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リーダーは「嫌われる覚悟」を持っていなきゃいけない【日本バスケットボール協会会長 川淵三郎氏の仕事論】

f:id:k_kushida:20160314101638j:plain

川淵三郎 (かわぶち・さぶろう)

1936年大阪府高石市出身。三国丘高から早稲田大に進学。2年生の時、サッカー日本代表に選出。61年古河電工入社。64年東京オリンピックのアルゼンチン戦では同点ゴールを決める。70年に現役引退後、古河電工の監督、日本代表監督を務めながら名古屋支店金属営業部長に。88年から日本サッカーリーグ総務主事としてプロ化に奔走。91年Jリーグ初代チェアマン就任。2002年日本サッカー協会キャプテン(会長)に就任。名誉会長を経て、2012年より日本サッカー協会最高顧問。現在は公立大学法人首都大学東京理事長も務める。2015年5月、日本バスケットボール協会会長に就任。

国際資格停止。

厳しい処分を受けた

日本のバスケットボール界。

その救世主となったのは、

Jリーグの初代チェアマン川淵氏だ。

10年間もめ続けた分裂問題を

半年で解決したリーダーシップとは

言葉に説得力を持たすには、自分で見て自分で調べて、「確信」すること

リーダーに必要なことは「情熱と信念と説得力」。この3つです。そのなかでも一番大事なのが説得力。どんな人にでもきちんと説明し、納得させられなくてはリーダーは務まりません。そのためには理論武装をしておくことがとても大事。でも、理屈を並べたてるだけではだめ。そこには誰もが納得する根拠が伴っていなくてはなりません。

そしてもうひとつ必要なのが、「絶対いける」という確信です。では、どうやって確信を持つか。それは自ら動くこと。自分の目で見て、自分が理解できるまできちんと調べることから確信は生まれます。

日本バスケットボール界の改革もそうでした。2014年、日本のバスケットボール界は、国際バスケットボール連盟から「国際資格停止」という非常に厳しい処分を受けました。チームを企業の福利厚生と位置づける、いわゆる企業チームが中心となっていたNBLと、プロ化して独立したbjリーグが長い間対立していたことが原因です。このままでは2020年の東京オリンピック出場も危うくなる。そんなとき、私の部屋にバスケットボールの関係者が来ましてね。「日本のバスケットボール界を助けてほしい」と言ってきた。自分でいろいろ調べた結果、2つの組織を統合しプロリーグとして健全な運営をするためには問題点が3つあることがわかりました。1つ目は、企業名を外すか外さないか。2つ目はクラブを法人化するべきかどうか。そしてbjリーグ運営会社の債務超過です。

これを解決するためには、リーグを3部に分ける「新リーグ構想」などの大改革が必要でした。そして多くのお客さんを呼ぶためには、アリーナの使用を優先的に認めてもらわなければならない。それには行政サイドの首長の支持を得る必要もある。こんな風にいろいろと構想を練っていたら、「この改革ができるのは、自分しかいない」と確信を持つようになったんです。私はJリーグ設立をはじめとしてさまざまな改革をしてきましたからね。

あるテレビ番組で「リオオリンピックには間に合う」と発言したとき、周りからはすごい自信ですねと言われました。しかし、自分でいろいろと調べて、成功までの筋道を自分なりに考えられたから自信を持って断言できたんです。自信の裏には、経験に基づいた根拠があったんですよ。

実はもうひとつ大事な確信がありました。ひき受ける前、実際にバスケットボールの試合を見て、「これは面白い。プロとして成功する」と感じたんです。こんないい試合ができるくらい実力のあるスポーツなら、お客さんはまた見に来たくなるだろうと。そんな確信があったものですから、「絶対に改革は成功するから、頑張りましょう」とみんなに力強く言うことができました。実際自分で見たことだったから、言葉に説得力が出たのです。やはり、取りかかる前にゆるぎない確信を持っておくことはとても大事なんですね。

私利私欲を捨てて理念があれば、独裁者でもいい

リーダーというのはね、何があっても「負けてもいいから」と言ってはいけないんです。最初から最後まで「絶対できる」と言い続けなくては、リーダー失格です。これは古河電工のサッカー部監督時代に私がやってしまった失敗から得た教訓です。試合前のミーティングでリラックスさせようと「負けてもいいから、いい試合をしてほしい」と言ってしまった。それでみんなガクッときて、大事な試合の前でやる気をなくしてしまったんです。

こんな失敗があって、リーダーは何があっても常に成功を確信していなくてはならないことを学びました。そして、成功にたどり着く道を自分なりに考え、はっきりみんなに示すこと。順番を間違えてはいけません。まず、ゴールをはっきり定めてから、道程を考える。ゴールをしっかりすえていれば、経験が浅くても人を納得させられるような道程を考えることができます。

今回のバスケットボール界の改革では、みんな自分の利害しか考えていないという非常にレベルの低い状態からのスタートでしたから、本来のバスケットボールのあるべき姿、「地域社会に貢献する」という正しい方向性を、まず最初に示す必要があった。そしてそのゴールにたどり着くまでの道程を自分なりに考えて話しました。そして「これに従わない人はこなくていい」と。大事なことを言うときに必要なのは「嫌われてもいい覚悟」です。今回もその覚悟で言いましたよ。相当嫌われましたけど(笑)。

リーダーはいろいろな人から、あることないこと、言われます。いや、“ないことないこと”かな(笑)。サッカー時代は「目立ちたがり」とか「過去の栄光にすがって」とか、本当にいろいろなことを言われました。今回も覚悟していたら、言われなくてびっくりしました。バスケットボールにメディアで取り上げられるほどの人気がなかったんです。覚悟が空回りしましたよ(笑)。

サッカー時代にいろいろな人からひどいことを言われても気にならなかったのは、私に「理念」があったからです。私は、私利私欲を捨てて理念があれば独裁者でもいいと思っています。理念とは「社会に役立つこと」です。理念があればみんなが幸せになれる。だから組織には理念が必要なんです。理念がきちんとあって初めてもうけを出すことを考える。「私利私欲を捨てて」なんて聖人君子みたいなことを言いましたが、私だって人間ですから全く欲がないわけじゃない。でもリーダーは、できるだけ私利私欲を捨てる努力をする。損得は考えない。そして理念を持つ。そうすれば、“よき独裁者”になれますよ(笑)。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。