ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 撃って撃って撃ちまくる! 漢の血が滾る“銃撃シーン映画”まとめ
  • えっ? 違うの? 大森南朋・神木隆之介が出演する『タイムスリップ!堀部安兵衛』を映画だと勘違いしている人が続出している件
  • 【ネタバレ】映画『ドラゴンボールZ 復活のF』に最強のサイヤ人登場! その名称が理解不能(笑)
  • 人気テレビシリーズ『ウォーキング・デッド』、シーズン8に向けての更新が決定
  • 新世代クラウドゲーム機『G-cluster』が6月20日より発売! 映画も観られる?
  • 『映画 ひみつのアッコちゃん』の美術監督・岩城さんに聞く“レトロ可愛い”映画の魅力
  • 隣にリア充大学生が引っ越してきた→毎晩パーティでうるさすぎオワタ……映画『ネイバーズ』まさかの劇場公開決定 
  • 予告編で堪能する2016年のホラー系映画 『勝手に予告編大賞2016』
  • スクールカースト最下層の青年が初めて知った希望と痛みとは? 映画『ウォールフラワー』監督インタビュー
  • 最上もが&漫画家・種村有菜がマーベル愛を語り合う! 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレ上等考察も
  • スコット・イーストウッド、SF映画『Ecstasia(原題)』に出演交渉中
  • 「幽霊なんていない」……でも本当に? オカルト否定派学者が体験する恐怖『ゴースト・ストーリーズ』予告編[ホラー通信]
  • 映画『メン・イン・ブラック』最新作、女性エージェントが登場しウィル・スミスも再演か
  • 【実話】この狂気は共感を呼ぶ――20人殺しのサイコキラー・カップルを描いた『地獄愛』日本公開[ホラー通信]
  • J・K・ローリング、映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』シリーズの中でダンブルドアがゲイになるかもしれないと語る
  • 第88回アカデミー賞の候補一覧が発表

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ミラーズエッジ』のPC版が一足先にプレイできる?

日本では12/11にPS3版とXbox 360版の発売が予定されているゲーム『ミラーズエッジ』(エレクトロニック・アーツ)。1人称視点で斬新なカメラワークとアクロバティックなアクションが楽しめる作品として、東京ゲームショウで話題になったことは記憶に新しいでしょう。米国では発売済みの両プラットフォームに加え、1月にPC版の発売が予定されていますが、日本でのPC版発売日は未定となっています。そんなPC版のミラーズエッジがインターネットで遊べると聞いて、プレイしてみました。

……あれ?
1人称視点 じゃなくて2D?しかも「BETA」の文字が。
PC版はPC版でも、どうやらプロモーション目的で制作中のFlashゲームでした。

Mirror’s Edge 2D

遊んでみると、ビルとビルの間や障害物を飛び回るアクロバティックなアクション、「走る」「ジャンプ」「しゃがむ」のみの基本動作でさまざまな動きを実現する操作性など、オリジナルの世界観をうまく伝える作品に仕上がっています。Flashでできることは限られているのだから、このように割り切って2Dで再解釈するのは、面白い試みと言えるでしょう。

現在は個人サイトで公開中ですが、米エレクトロニック・アーツ(EA) 公認で制作しているとのこと。
1レベルのみ公開して、現在ユーザーからのバグ報告を受け付けています。
完成した際には、公式サイトでも公開されるようです。

作者は、あの名作Flashゲーム『Fancy Pants Adventure』を制作したクリエーター、Brad Borne。
手書きイラストのキャラクターが縦横無尽に動き回る、爽快なアクションゲームを制作した腕を買われて、EAに指名されたとなると納得です。

The Fancy Pants Adventures: World 1

The Fancy Pants Adventures: World 2

コンシューマゲームをFlashの2D版で再解釈する試みとしては、昨年公開された『Portal』(Valve社)のFlash版『Portal: The Flash Version』があります。

Portal: The Flash Version

こちらも、ユニークなルールを2Dにアレンジして、オリジナルを知らなくても十分に遊べるクオリティに仕上がっています。驚きなのは、このFlashゲームの作者が、Valve社によるPortalの発表後すぐ、つまりゲームを触ることなく制作を開始したということ。決してパクりではなく、Portalの2Dバージョンを作る「ファン活動」として制作したそうです。残念ながらValve社から公式に認められていないようですが、オリジナルのプロモーションに一役買ったことは間違いないでしょう。

全世界で数多くのインターネットユーザーが毎日プレイしているFlashゲーム。ミラーズエッジやPortalのように、コンシューマゲームをテーマにして、ゲームメーカーとFlashゲームクリエーターがコラボレーションする事例は、今後も増えていくでしょう。日本にも優秀なFlashゲームクリエーターが何人もいます。日本でもこのような事例が出てくることに期待したいですね。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。