ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • これは『セブン』ミーツ『エクソシスト』な作品! 監督&主演が語る『NY心霊捜査官』[ホラー通信]
  • 『ベスト・キッド』のカルト的人気を裏付けた、YouTubeのこけら落としドラマ 『Cobra Kai』
  • 【今週のDVD&BD】話題沸騰! 傑作SFアニメ『楽園追放 Expelled from Paradise』がついにレンタル開始
  • 大ヒット中! 映画『トゥモローランド』ブラッド・バード監督が本作で取り入れた新技術とは?
  • ニコファーレで「360°ホラー映画祭り」開催 初日は舞台挨拶も
  • 『日本で一番悪い奴ら』YOUNG DAIS&デニス植野インタビュー「“重い警察モノ”と思っている人ほど楽しめる」
  • 映画『スター・ウォーズ』のエピソード9、コリン・トレヴォロウ監督が降板
  • 『るろうに剣心』で謎のままだった福山雅治の配役はやっぱりあのキャラで確定!
  • オスカー・アイザック、フィルムネーション製作の映画『Life Itself(原題)』に出演
  • 【なんで作った】そこは、猫をあつめる狂気の家――映画『ねこあつめの家』ホラー予告編[ホラー通信]
  • “1週間で作れる映像は5.8秒”スタッフの愛と情熱があふれる「フランケンウィニーアート展」/注目アイテムもご紹介!
  • 「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なことなの」映画『プーと大人になった僕』本予告編解禁
  • ウォシャウスキー姉弟のオリジナルSF最新作『ジュピター』 壮大なストーリーとイカしたキャラクタービジュアルに期待大
  • 超朗報! 映画『ヴェノム』の公開が1ヶ月前倒しに! マーベル映画史上最も凶悪なダークヒーロー
  •  佐藤秀峰の「『海猿』映画ポスター到着。」日記!
  • 映画のエンドロールに自分の名前が出る?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本にも上陸!?ヒルトンにコンシェルジュロボットが登場

nao2

接客用としてお店に置かれることも増えてきたロボット。商品の紹介や、訪日外国人の対応などで使われており、街で目にする機会も多くなってきた。

この流れは日本国内に限ったことではなく、世界的なホテルチェーンのヒルトンもアメリカのバージニア州の同社のホテルにコンシェルジュ役としてロボットを置き始めた。

・ソフトバンクの傘下企業が作成!

nao

ロボットの名前は「Connie(コニー)」。ソフトバンクグループの傘下にあるフランス企業「Aldebaran」のNAOをベースに作られたもので、Pepperと比べると小型。

日本では三菱東京UFJ銀行で既にNAOが採用されている。今回、ヒルトンに導入されたロボットも形は同じだが、ソフトウェアはIBM Watsonのものが使われている。

コニーは多言語に対応しており、様々な国の来訪者と会話することが可能。来客者がConnieに質問を投げかけると、レストラン・観光地・ホテルの情報などに答えてくれる。

会話ができればチェックインの手続きなども行えそうだが、現時点ではチェックインには対応していない。

・アジアでロボットが増える傾向?

日本ではPepperをはじめとしたロボットなどが登場しているが、韓国ではロボットが看守を行う刑務所が登場するなど、アジアで特にロボットが採用されることが多い。

Hiltonのような国際的なチェーン店がロボットを採用することによって、今後ロボットを人の代わりに使うようなケースは増えていくかもしれない。

Hilton and IBM Pilot “Connie,” The World’s First Watson-Enabled Hotel Concierge

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。