ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【画像多数】衝撃の光景に絶句!! イギリス戦車博物館に行ってみた・後編

IMG_8995-s

イギリスにある世界最大級の規模を誇る戦車博物館。前編ではWW1時に起きた軍馬から戦車への移り変わりの様子、そして博物館内に大量に展示してあるWW2戦車の紹介をしました。

【画像多数】ガルパン戦車も大集合! イギリスの『タンク・ミュージアム』に行ってきた・前編
https://getnews.jp/archives/1423907 [リンク]

後編では、紹介しきれなかったイギリスやアメリカの戦車、そしてWW2以降の戦車の展示を中心に紹介していきます!そして予想だにもしなかった衝撃の光景も大公開!さっそく見ていきましょう。

博物館最深部に進むと、”あの”超戦車がいた

IMG_8965-s

時折、我々の想像力を超えたモノを作り出してくる事で有名なイギリス。
この博物館にも、その「英国面」を垣間見る事ができるトンデモな戦車が博物館の奥に展示してありました。ちなみに、上の画像に写っているのですが、見つける事が出来るでしょうか?

IMG_8952-s

それがこの『TOG2』。この『戦車博物館』の中でも現代の戦車も含め最も重い80トン、10m超えの全長を誇る超巨大戦車です。ちなみにTOGとは”The Old Gang”の略だそうです。
大きさは圧倒的で、近くからは全くフレームに収まらないほど。にも関わらず、博物館の奥の方に押し込められるように展示してありました。戦車3輌分の幅ほどの長さがあることが、上の画像からも視認できます。

IMG_8856-s

当たり前ですが、その他にもイギリス戦車は非常に豊富に展示してあります。
こちらはWW2最終局面で作られた『センチュリオン』。その後世界中で活躍した車輌です。

IMG_8870-s

『ティーガー』に対抗するべく、強力な砲をチャーチル戦車に搭載した『ブラックプリンス』。車体も一回り大きく、百年戦争で活躍した『エドワード黒太子』の名にたがわぬ精悍な黒さです。

IMG_8801-s

親子?と一瞬思ってしまうほどパッと見似ているドイツの『ヤークトパンター』と『ヘッツァー』です(右から)。体感的には倍くらい大きさが違いました。ヘッツァーは想像以上にかわいらしい大きさです。

IMG_8802-s

また博物館内には、戦車の合間合間にこのような”シューティングゲーム”(1回1ポンド)が置いてあります。実銃とほぼ同じであろう重さとリアルな外観で、実際にやってみると難易度もかなり高かったです。BGMや演出も一切無かったので、本当に訓練用なのでは、と思うほど。種類も豊富で、上の『ブレンガン』や『L85』などがそこら中に設置してあります。難しいです

IMG_8804-s

アメリカ戦車の存在も忘れてはなりません。
こちらは大戦末期に開発された『M26パーシング』です。近くにあるドイツの戦車たちと比べると、どうしても影が薄め。

IMG_8710-s

アメリカ戦車といったらコレ!というほど大量生産されたシャーマン戦車・『M4A2E8』です。
砲身を見てお気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、なんとこの戦車!あのブラッド・ピット主演ハリウッド超大作『FURY(フューリー)』でも使用されたものらしいです!
博物館内には映画内の雰囲気を再現した実物大ジオラマが組んであり、実際に役者が使用したプロップなども展示してあります。敵役の『ティーガー』も実物が数十メートル先に置いてあるので、映画を観た後に来ればその驚きも倍増すること間違いナシ。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy