ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビジネスマンが家族を守るとき】家族問題の解決と出世を両立させるには?

自分の家族が病気や問題を抱えていても、なかなか会社に相談できないといった悩みにさいなまれた経験はないでしょうか。

家族の問題はいまだ多くの企業でオープンに話せない状況です。家族に問題が起こっても仕事を優先した結果、役員や経営者の立場になった頃には家族が崩壊。あまり幸せとはいえない生活を過ごしているビジネスマンが、この日本では少なくありません。

『ビジネスマンが家族を守るとき』(WAVE出版)の著者であり、東レ経営研究所社長であった佐々木常夫氏は、どんな苦境に立たされたとしても運命を引き受けることだといいます。自閉症の長男とうつ病の妻を支えながら、家族を守り、仕事にも全力を尽くし、家族再生のために取り組んできました。多くの人が重い荷を自分と家族だけで背負おうとするけれど、それをオープンにし、悩みを共有できる仲間がいると知るだけでもつらさの半分は解消できるとも。

ライフ・ワーク・バランスのシンボル的な存在であり、出世街道をまっしぐらに走りながら、家事をこなすために夕方6時には退社する生活を続けてきた佐々木氏に、家族と仕事の両立について聞きました。

f:id:w_yuko:20160222212211j:plain

佐々木常夫氏

東京大学経済学部卒業後、東レ株式会社に入社。家庭では自閉症の長男と肝臓病とうつ病を患う妻を抱えながら仕事でも大きな成果を出し、01年、東レの取締役。03年に東レ経営研究所社長に就任。内閣府の男女共同参画会議議員、大阪大学客員教授などの公職も歴任。「ワーク・ライフ・バランス」のシンボル的な存在である。

世界の成功者は家族を大切にしている

ビジネスマンが家族を守ることは、世界の常識です。海外で成功している人の自叙伝を読むと、「私が仕事に邁進できたのは、妻がいたから」といった感謝の言葉が、あとがきに必ず書かれてあります。

ところが日本の役員や経営者は、不思議なことにそういった発言をする方は稀です。それどころか、家事はすべて妻任せで、家族に何か問題が起こっても仕事を優先するといったことを平然とメディアや著書で公言しています。

しかし、よく考えてみてください。人間としてどうすべきか。家族の一員として何をすべきか。家で誰かが困っていたら、家族全員で助け合うことこそ、元来あるべき人としての姿じゃないでしょうか。

f:id:w_yuko:20160222225628j:plain

家族の問題はビジネスよりも優先されるべきなのに、日本の多くのビジネスマンはそうではありません。ある大企業の役員とディスカッションした際、みな口にしないだけで、日本の経営者や役員の過半数は家族が崩壊している可能性が大きいという話になりました。家族の一大事に背を向けて仕事だけに没頭し、高い収入や立場だけ手に入れたとしても、本当にその人は幸せと言えるのでしょうか。家族が困っている時に手を差し伸べないというのでは、人として最も大切な愛情が自分には欠けていると認めざるをえず、私はむしろ哀れに感じます。

自分が幸せになりたいなら人をまずは幸せにすること

自分が幸せになりたいなら、まずは周りを幸せにすることが先決でしょう。パートナーからも子どもたちからも尊敬されないと、本当の幸せは得られないと思います。私は息子や娘に対してひとりの個として尊敬しながら接しますし、妻に対しても同様です。そういうスタンスで接しているからこそ、彼らも私と向き合っていろいろな話をしてくれますし、本心しか話しません。家族と深い絆を持っていると思えることは、私の何よりの幸せです。

家族に問題が起きた時、現実から逃げてしまい、見たくない、知りたくないといった態度に出てしまう人もいるようですが、正直、私はそういった人たちの気持ちがわかりません。

だって、かけがえのない「あなたの家族」ですよ。家族である限り、さまざまな重責が自分に降りかかってきます。どう逃げようとしたところで、逃げられないものなのです。

そうであるのなら、相手の立場に立って、どうしたら解決できるかを一緒に考えるほうが、よほどお互いのためでしょう。無論、人である限り、調子がよい時と悪い時はあります。家族であればなおさらです。しかし、自分が逃げずに相手の立場に立って話を聞き続ければ、相手も次第に腹を割って話してくれるようになります。家族であるなら、そういった会話を成立させることは当たり前のことなのです。

f:id:w_yuko:20160222225629j:plain

家族に対しては無償の愛で、無条件に接する

家族の世話は、なぜやるのかとか、なぜやらないのかと、考えれば考えるほど複雑になりますから、あまり余計なことは考えず、無償の愛で、無条件で接することが何よりだと思います。

長男が自閉症で幻聴が聞こえていた時期は、妻に何時間も話し続け、それに疲れた妻の話を私が帰宅後、何時間も聞くといったことが頻繁にありました。彼女も話をしないと落ち着かない状態だったので、モヤモヤと何かを抱えている時は、できる限り話を聞くように心がけていました。とはいえ、無理は禁物です。疲れている時は「今日はダメ。疲れているから」と正直に話しましたし、深夜2時くらいになったら「もう寝よう」と声をかけもしました。

病気などの理由で、ひとりの家族が攻撃的になっている時はよりいっそう受け入れるべきでしょう。あちらの攻撃に対して、こちらまで攻撃したら、ハチャメチャになってしまいます。ですから、感情的に交戦するより、どういうように持っていったら大事にはならないですむか、今の相手の現況ではどう対応したらよいかと考え、受け止めるように努めました。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy