ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【旨旨旨】職場でできる!カップ麺ちょい足しアレンジ7選

f:id:tany_tanimoto:20160218112636j:plain

カップ麺、美味しいですよね!熱湯さえあればお手軽に食べられるのがカップ麺のいいところ。仕事が忙しくなってくるとランチや夜食でカップ麺をヘビーローテーションしている方も多いのでは。美味しくて、手軽で、バリエーション豊かなカップ麺ですが、コンビニやスーパーで手に入れられる食材を追加することで、ひと味違う美味しさを楽しむことができるんです。

今回は、新しい美味しさを味わうことができる7のアレンジテクニックをご紹介。できるだけ職場で実現可能なメニューを集めました。あなたもぜひ、慣れ親しんだカップ麺の、新たなフタを開いてみては?

【その1】サッポロ一番塩らーめん×ひきわり納豆

袋めんのイメージが強いサッポロ一番ですが、カップ麺も販売しています。カップ麺は通常サイズとミニサイズの二通りがありますが、ミニどんぶりでも問題ありません。ラーメンに納豆を入れるというかなり抵抗のあるアレンジですが、安心してください、美味しいですよ!

f:id:tany_tanimoto:20160218110608j:plain

熱湯を入れ、約3分待ってひきわり納豆を入れてかき混ぜます。「カップ麺に納豆なんて…」と思うかもしれませんが、ひきわり納豆のお味噌汁って美味しいですよね。スープ×納豆は、実は相性がいいのです。

f:id:tany_tanimoto:20160218110620j:plain

ひきわり納豆が入ることで、スープにとろみがつき口当たりがまろやかに。どんな食材でも受け入れる包容力の高さで定評のあるサッポロ一番塩らーめんだけに、納豆との相性もバツグン。香味野菜と香辛料をブレンドした独特のスープが、納豆のクセを抑え込みます。サッポロ一番の縮れ麺に納豆が絡み付き、健康にも配慮した満足の一杯に。なお、熱湯の量は心持ち少な目に、そして納豆を入れる時間を考慮し、3分経たずに開蓋した方が美味しくいただけます。

【その2】赤いきつね×コーレーグス

マルちゃん 赤いきつねとコーレーグスをご用意ください。コーレーグスとは、泡盛に島とうがらしを漬け込んだ、沖縄独特の調味料のこと。他の調味料と比べて手に入りにくいのですが、通販を利用するか沖縄食材を置いている店などで調達可能です。

f:id:tany_tanimoto:20160217165951j:plain

指示通り熱湯を入れ、5分待ってスープの素を投入したら、最後にお好みの量のコーレーグスをふりかけるだけ。非常に簡単なアレンジですが、風味がぐんと良くなります。さらにこだわりたい方への豆知識として、赤いきつねは販売エリアによって北海道・東向け・西向け・関西向けの4種類の味があるのですが、コーレーグスに一番合うのは昆布だしが利いた関西版です。関西にお住まいの方はぜひ!

f:id:tany_tanimoto:20160218110724j:plain

赤いきつねの和風の出汁にコーレーグスのピリっとしたアクセントがマッチし、風味豊かな味わいに。ふんわり甘いおあげとモチモチした麺、沖縄の風薫る和風だしの利いたスープが三位一体となり、あなたを至福のきつねワールドに誘います。この味を知ってしまうと、もう赤いきつねにコーレーグスは欠かせません。

【その3】正麺「芳醇こく醤油」×コンビニサラダ

マルちゃん正麺「芳醇こく醤油」と、コンビニサラダをご用意ください。コンビニサラダの具はポテトサラダ以外なら何でも構いませんが、ドレッシングが付いていないものがおススメです。

f:id:tany_tanimoto:20160218110738j:plain

作り方は至って簡単。いつも通り熱湯を入れて5分待ち、できたところでスープを混ぜ、よくかき混ぜたらサラダを乗せます。そして、ラーメンの熱でしんなりした野菜を楽しむもよし、なるべく野菜をスープに混ぜずシャキシャキの歯ごたえを楽しむもよし、野菜と芳醇こく醤油の華麗なるデュエットをお楽しみください。

f:id:tany_tanimoto:20160218110750j:plain
1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy