ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

折れない心で生きる田舎暮らしのススメ! 子育て世代の移住者が増える『森の京都』ってどんなところ?

rent_0223_09

筆者は先日、天橋立や伊根町など『海の京都』京丹後市や宮津市に取材に行ってきました。冬の日本海側は寒かったですが、古代からの歴史が根付く、神秘的で美しい場所でした。

※何があるのかわからないまま、山陰海岸ジオパークに行ってみた 京都編
https://getnews.jp/archives/1386719 [リンク]

京都府というと、清水寺や京都御所、八坂神社など有名な観光地ばかりが思い浮かびますが、実はとっても広いのです。今回は『海の京都』に続く『森の京都』のお話を聞きに行ってきました。

『森の京都』ってどんなところ?

rent_0223_10

京都府は、古都京都だけではない、新しい京都のエリアを知ってもらうために『もうひとつの京都』プロジェクトを推進中。その一つが、筆者が先日行った京都北部『海の京都』エリアでした。

『森の京都』は、京都中部の亀岡市・南丹市・京丹波町・綾部市・福知山市・京都市右京区京北といったエリア。古くから京都の寺社仏閣の材料となった木材や、京野菜の産地です。

150223_31

筆者が天橋立から京都駅に向かう特急『はしだて』の中から、福知山駅の写真を取りましたが、まさに海の京都から森の京都を経て、京都駅に帰って来たことになります。

貴重な自然が残る南丹市美山町の芦生(あしう)の森をはじめ、そこから流れ出る清流由良川の水源の里、大江山や三岳山などの山々や、清流由良川、川下りが楽しめる保津川など、自然豊かなスポットが多くあるほか、元伊勢神社や湯の花温泉、明智光秀の築いた城跡が残る亀山城址などの歴史遺産なども観光の魅力となっています。

2015年が海の京都、今年2016年が『森の京都』のターゲットイヤー。2017年には京都南部を中心とした『お茶の京都』と、京都のエリアごとにスポットを当てたプロモーションが展開されるとのことです。

子育て世代の移住者が増えている背景

rent_0223_07

『森の京都』エリアの特長は、観光だけでなく移住者が多いということ。最近よく聞く”地方移住”の話題、都会での暮らしに疲れ、自然の中で充実した暮らしをしてみたいと思う人も少なくないはず。でも、興味はあるけどなかなか踏み切れない…というのがリアルなところではないでしょうか。

実際に、移住したいと言っても「いつ、どこで、何を」といった、具体的な条件をはっきりさせている人は一割程度だそう。京都府の移住者数は前年に比べて約3倍、相談者数は約2.5倍増。そのうち、実際に移住先を森の京都エリアに決める人は約7割を占めています。

rent_0223_08

ぼんやりと『京都ぐらしって憧れ~』と相談を持ちかけた人が、森の京都に決めた理由は4つ。

・森(芦生の森や由良川などの豊かな自然)
・恵み(良質な木材や京野菜、シカやイノシシなどのジビエ食材)
・生活(京都からのアクセスが良く、移住・定住者に向けた経済的なサポートプラン)
・縁(先輩移住者が多い、地元住民の受け入れ体制、移住者同士のネットワーク)

特に森の京都エリアの一つ、綾部市は定住実績が全国第3位、希望登録者が常時600人という”人気の移住先”。しかも移住者の平均年齢は35歳と、子育て世代の移住者が中心です。

その理由の一つは『移住コンシェルジュ』の存在。移住を希望する人のライフプランなどを細かく相談し、実際に現地訪問や家探し、地元の方との交流サポートなども支援します。また、地方移住したはいいものの、なじめなくて失敗してしまった…という話も聞きます。森の京都エリアでは、移住者の先輩が多いため安心感があるのも嬉しい点です。

土地や住居、経済面でのサポートも充実。綾部市では空き家を10年間無償で借り、改修後50歳未満の移住希望者に市営住宅として月3万円で貸し出し。20~55歳の定住希望者に対して、空き家の購入や改修にかかる費用を借り入れる際に300万円を上限に市が債務保証をするなどの取り組みを続けてきました。

さらに2016年には都道府県としては全国初の、移住促進のための空き家や耕作放棄地に関する条例を制定予定。空き家や農地にかかる不動産所得税を半分にしたり、空き家の改修や移住応援金としての補助金交付など、移住者の経済的負担をパッケージ支援する試みです。

懐かしいのに新しい、カッコいい田舎暮らしのススメ

rent_0223_04

さらに、今注目したいのは、「古くて新しい」カッコいい田舎暮らしのスタイル。

南丹市美山町でかやぶき屋根の家に住む、南丹市美山エコツーリズム推進協議会事務局長の高御堂さんはこう語ります。

「かやぶきの家に住んでいるなんて、2~30年前は恥ずかしくて仕方なかった。でも今は、伝統的な日本家屋に住んでいると胸を張っていえます。屋根はかやぶきで、ヘビもネズミもテンもいますが、住居のほうは床暖房に二重サッシ、ユニットバスに薪ストーブで快適ですよ」

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy