ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【悲劇】秋田県生まれの40歳代のオッサン「テレビ局がNHKと民放2局しかなくてずっと悔しい思いしてた(涙)」

tokyo-yuki-2016-3

秋田県大曲市(現:大仙市)出身の小林政太さん(43歳 / 路上清掃員)は、笑いながらも悲しそうな目をしながら、「オレは秋田県生まれなんだけど、テレビ局がNHKと民放2局しかなくてずっと悔しい思いしてた(涙)」と語る。

・人気番組を観ることができなかった
小林さんが少年時代だったころ、秋田県にはNHK2局と民放2局しかテレビのチャンネルがなく、東京で放送されているアニメはもちろんのこと、近隣の県で放送されている人気番組でさえ観ることができなかったという。つまりチャンネルは4つのみ。以下は、小林さんの悲痛なコメントである。

・秋田県出身者のコメント
「秋田県は本当にテレビ放送の僻地でした。観たいアニメやバラエティ番組の多くが放送されず、テレビ番組でよくテロップとして出る「一部地域を除いて放送されます」の一部地域が秋田県だったのです。私の記憶が確かならば、エヴァンゲリオンは数年遅れで初めて放送されたはずです」

・秋田県出身者のコメント
あまりにも観たい番組が秋田県で放送されなかったため、夏休みや冬休みなどになると、わざわざ関東地方の親せきの家に泊まりに行って、テレビを観まくっていたそうだ。その後、朝日放送が秋田県に参入し、民放が3局になってからは、ある程度「テレビ僻地」が改善されたという。

・テレビ局が少なすぎるッ!!
そんな小林さんは現在、東京都内で清掃員をして生活しつつ大好きなテレビ番組を楽しめる生活を堪能しているのだとか。確かに、東京に住めばテレビ番組に関して満足できる生活ができる。皆さんにも「どうして私の地域じゃ放送されないの!?」「テレビ局が少なすぎるッ!!」と悲しんだ経験があるのではないだろうか?

https://youtu.be/ctBlR6zlgkk

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/02/27/akita-tv/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy