ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英語の伸び悩みを乗り越えるには?中級者から一気にレベルアップするメンタルストレングストレーニング

英語の伸び悩みを乗り越えるには?中級者から一気にレベルアップするメンタルストレングストレーニング f:id:careerca:20151102153422j:plain

英語の学習をはじめると、最初は新しい単語やフレーズを毎日のように覚えていき、それを使ってコミュニケーションを取れるのが楽しくて仕方がないでしょう。「自分の言葉で相手と会話ができている!」という達成感を得られるため、それがモチベーションになってさらに新しい言葉を積極的に覚えるといういい流れができます。

ただ、簡単な会話が問題なくできるようになると、新しい単語やフレーズを覚えてもなかなか会話中で使えなくなり、自分が上達しているという実感を得られず、モチベーションも下がってしまいます。こうなるとどうしたらもっと英語が上達するかがわからなくなり、停滞期に入ってしまうのです。

停滞期になってしまうのはなぜ?

f:id:careerca:20151102153501j:plain

英語学習における停滞期とは、ある程度の会話はできるのに、自分が本当に伝えたいことを思ったように表現できない状態です。“I am …”や“I was…”、“I like…”といった基本的な表現はマスターしているにも関わらず、それ以上の表現がなかなかでてこないで苦しんでいる人が非常に多くいます。

「それならもっと多くのフレーズや単語を勉強すればいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、停滞期で苦しんでいる人々の問題は、多くの単語やフレーズを知識として理解しているにも関わらず、それを“会話中で使えない”という点です。

「日本人だからシャイ」は大間違い

全世界的に「日本人はシャイだから、こっちから話しかけてあげないと会話が続かない」というのが通説になっています。たしかに欧米人に比べて感情表現が少ないかもしれませんが、だからといってけしてシャイではないということは我々日本人であればよくわかりますよね?事実、日本語で話しているときは比較的社交的ですし、話も大いに広がっていきます。

ではなぜ「日本人はシャイだ」というイメージが定着してしまったのでしょうか?

非ネイティブの欧米人と比較してみると、日本人は極端に間違えることを恐れる傾向があります。これは日本人が常に「相手に失礼ではないだろうか?ご迷惑をかけていないか?」という意識を潜在的に持っているからだと思われます。

また、こうした自信のなさから会話の主導権を握ろうとせず、相手が投げかけてきた質問に答えるだけの人が非常に多くいます。自ら会話をはじめようとしたり、話を広げようとしないため、外国人には「この人たちは自分から積極的に会話をしようとしないシャイな人々なんだ」というふうに思われているのでしょう。

カギは”成功体験”

f:id:careerca:20151102153830j:plain

せっかく豊富な知識があるのに、「自信がないから」とそれを使わずにいるのは非常にもったいないことです。ただ、裏を返せばこれまでに蓄えた知識を使うことさえ覚えれば停滞期を脱し、英語力を飛躍的に伸ばすこともできます。

これを打開するには、自分から会話をはじめざるを得ない状況に自分を追い込み、自信をつけることが重要です。

仕事などにおいてもそうですが、座学だけではできることに限界があります。ある程度座学で学んだら、あとは実践でその知識を使っていくことで“本当に使えるスキル”へ変わっていき、それが自信となります。

誰にでもできるメンタルストレングストレーニングとは?

覚えたての言葉を自分の武器にしていくのに必要なのは、実践を通じて得られる自信です。ただ、いきなりビジネスの現場で使うのは仕事に支障をきたす可能性もあるでしょう。

そこで、リスクなく、誰でもほんの少し勇気を振り絞ればできるメンタル強化を目的とした練習法、メンタルストレングストレーニングをご紹介しましょう。

海外のホテルに電話してみる

f:id:careerca:20151102153844j:plain

英会話スクールや取引先の言っていることがある程度理解できるレベルにある中級者の方にオススメなのが、海外のホテルに実際に電話をしてさまざまなこと聞く練習です。

ただ、単純に日程と部屋の種類を告げるだけではそこまでプレッシャーはかかりません。そこで、以下のようなミッションを自分に課して難易度を上げましょう。

・部屋ごとの特徴や値段などを聞く

・Wi-Fiがあるかどうか聞く

・プールの営業時間を聞く

・近くにある観光地までの行き方を訪ねる

・クリーニングサービスについて聞いてみる

・コンセントは日本用のものでも使えるか聞く

・「1日目はシングルルーム、2日目からはもう一人増えるためツインルームに変えたい」などの複雑なシチュエーションを伝える。また、その際にいつチェックアウトすべきかなども併せて聞く。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy