ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

震災から5年…… 福島の光と影を描いたドキュメンタリーアニメ試写会レポート

【第10エピソード】ちかちゃんの卒業

まもなく震災から5年。復興のニュースも聞かれる中、福島の現状についての情報は徐々に聞かれなくなる一方。ポジティブな情報もあれば、ネガティブな話も聞かれ、何が本当なのかよくわからないという印象だ。大丈夫なのかもしれないけど『福島』と聞くとなんとなく敬遠してしまう、という人も少なくないのではないだろうか。

FUKU_01

福島県は震災から5年の現状を伝えるべく、県内のさまざまな実話に基づいたオムニバス形式のドキュメンタリーアニメーション『みらいへの手紙~この道の途中から~』を作成。2月15日、秋葉原UDXシアターで開催された試写会に参加した。

“風評”と”風化”に悩む、今の福島から

試写に際し、福島県知事の内堀雅雄氏、話題の広告を数多く手がけ、福島県クリエイティブディレクターを務める箭内道彦氏(福島県郡山市出身)、福島に拠点を構えている福島ガイナックスの代表取締役、浅尾芳宜氏(福島県福島市出身)が登場。

FUKU_02

内堀氏は冒頭で「今の福島はどういう状況なのかと聞かれた時、私は光と影、明るい部分とまだまだ厳しい部分が混ざり合っているよ、という話をする。ただ、光と影が混ざり合っているということはすごく伝えづらいこと。悪い評判”風評”と、消えていくこと”風化”は矛盾することだが、それが同時に起きているのが今の福島。この状況を全国の皆さんにどう伝えたらいいのか。ずっと悩んでいた」と語った。

FUKU_04

そこで、箭内氏と浅尾氏に相談したところ「アニメのドキュメンタリーを作っては」というアイディアから、箭内氏が県内で起きた出来事や思いのエピソードを集め、浅尾氏がアニメ制作を指揮した。

FUKU_05

箭内氏は、試写の前に「見て感動しました、嬉しかったというだけではないと想像している。自分もその境遇がわかるという人もいれば、全く逆の道を選んだという人もいると思う。この作品を見て、誤解が理解に変わるきっかけになれば嬉しい。『あの日を忘れない』という言葉がよく使われるが、今を知ることが風化に対抗する大きな手立てになると思う」と語る。

FUKU_06

浅尾氏は、今の今まで寝ずに制作にかかっていたと発言。「他のアニメ作品とは違い、見て楽しんでもらって完結、というものではない。見て考えてもらう、感じてもらうきっかけになれば。僕らにも、答えの見つからない問題は見つからない。答えがないものは答えがないまま作品にしている。10本のエピソードを見終わった時、初めて完成するものがあると思う」と、挨拶を締めくくった。

福島県のほとんどの地域は日常を暮らしている

FUKU_15

アニメの1話はわずか2分。それぞれに絵柄も、内容も違うストーリーが数珠つなぎになり、福島のさまざまなシーンを映し出す。エピソードのタイトルコールは松井愛莉氏。ストーリーテラーは『五代さま』で大ブレイクしたディーン・フジオカ氏が担当。ふたりとも福島出身だ。

ep-01

自分の選択に悩む女性。生徒との再開まで髪を切らないと決めた先生。ガレキに絵を描き、ボランティア活動をした学生たち。港に暮らす海鳥や、ジャーナリスト、たった一人で小学校を卒業した女の子……。

誰もが頭のなかでつぶやいている、自分だけの気持ちがあると思うが、それぞれのエピソードの主人公たちの心のつぶやきを、2分間ごとに聞いているような親近感を持った。

ep-05

内堀県知事はじめ、登壇者が異口同音に語ったことがひとつ。それは「10本のエピソードは、福島の代表ではない。福島県民198万人それぞれに違った思いがあるはず。十人十色、百人百様の複雑な思いを象徴する10本だ」ということ。何によらず、”福島”とひとくくりにしがちなところがあるが、一口に福島と言っても、一人ひとりの生き方、考え方、感じ方が違うのだということを改めて実感した。

試写を終えて、箭内氏は「一枚のCDアルバムを聞いているような感じ。短い尺でいろんなことが伝わるアニメのすごさを実感した。福島県ほとんどの地域は、日常を暮らしている。その大きな前提のもと、光と影があることを全国のひとに知ってもらいたい。福島の被害の少なかった地域の人にも見てもらえると違う見方をしてもらえるのでは」と述べた。”福島=原発事故”ではなく、そうでないエリアの人たちが今も普通に生活しているという、当たり前の事実も、改めて知っておきたいことだと思う。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy