ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コスプレ大好きモデルがキャリーケースを使ってみた! トップバリュセレクト『LIGHTOUGH』レビュー

01IMG_3666_R

旅行や出張、またはちょっと荷物が多い人がキャリーケースを転がしている姿は、もはや街と同化していて不思議でも何でもない。
都市部では人にぶつかるケースも多くなり、駅では注意放送がされる機会も耳にする。
もちろん周りに配慮せず、転がす使い方に問題がある場合が多いのだが、普段あまり使わないキャリーケース初心者の記者があえて取材旅行に使用してみた。さらにコスプレ大好きモデルでキャリーケースが必修アイテムだという蘭乃まなみさんにレビューしてもらった。

IMG_3674_R

使用したのは、イオンのプライベートブランドであるトップバリュセレクトの『LIGHTOUGH(ライタフ)』キャリーケースだ。

ラインナップは26.2L(税込み24624円)と45.2L(同27864円)の2種類。カラーは各サイズともホワイト、ネイビー、ブラックの3色。
今回使用したのは、26.2Lの小型のもので、カラーはネイビーだ。

2016-02-06 10.36.21_R

まずは重いものを軽々と運ぶことができるキャスター。
1軸に2輪を配して4軸とした8輪構成。

2016-02-06 10.37.28_R

ダブルホイールシステムという名称がついている車輪は日本製だ。ここは信頼度が高そうである。

2016-02-06 10.37.56_R

ジッパー式ケースのロック部分はTSAロックを採用。

2016-02-06 10.38.47_R

米国に旅行の際は目視検査のために預託手荷物にロックをしてはならないことになっているが、TSAロック搭載のケースは係官がマスターキーを持っているのでロックを掛けてもよい。

2016-02-06 10.41.24_R

写真はジッパーの片側。二重構造で、パンパンに膨れがちなケースのジッパーが裂けるリスクを軽減している。

2016-02-06 10.44.27_R

ケースを広げた状態と付属品一式。

2016-02-06 10.47.38_R

4軸8輪構造なので、ケースを開けても安定して自立する。

2016-02-06 12.07.28_R

こういう状態で撮影機材を裸のままで持ち歩くことはないが、一眼レフカメラ2台、レンズ3本、外部ストロボに4段三脚を入れてもまだ余裕がある。
ちなみに、空荷の状態で見た限りでは容量は小さいように見えたのが、実際にはかなり入る。

2016-02-09 20.19.48_R

普段使用しているカメラバッグを中ぶたを開放して、そのまま入れて取材旅行に出かけた。このままでは高さが合わずケースは閉まらない。
大きさをわかりやすく表示するために便宜的に作って張り付けた黄色いシールは、約20センチメートル。

2016-02-09 20.20.50_R

上から少し押さえてジッパーを閉じていくと、難なく収まった。

2016-02-09 21.46.38_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。