ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ロンドン】ソ連の宇宙開発歴史展『Cosmonauts』はいいぞ!【サイエンス・ミュージアム】

IMG_7579-s

最近イギリスでは、イギリスの宇宙飛行士が初めて国際宇宙ステーションを訪問したり、『スター・ウォーズ』が超大々的に公開されたりと、密かな宇宙ブームが到来しているのをご存知だろうか。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください
https://getnews.jp/archives/1331020 [リンク]

スクリーンショット 2015-12-31 17.47.49-s

そんな中、宇宙ブームの火付け役となったのかも知れない特別展示が、ロンドン観光の目玉の一つサイエンス・ミュージアム内で行われているとの情報を察知。筋金入りの宇宙野郎を自負する筆者はすぐさまサイエンス・ミュージアムに急行し、そしてとんでもなく良い展示を目の当たりにして感動したので、「これはガジェ通で紹介しなければならない!」となった次第だ。その名も『Cosmonauts: Birth of the Space Age』(ソ連の宇宙飛行士たち:宇宙時代の始まり)。とにかく素晴らしい宇宙展示だったので、宇宙好きの方には是非最後まで目を通していただきたい!!

期間 2015年9月18日~2016年3月13日
料金 £14
※公式サイトはこちら
http://www.sciencemuseum.org.uk/visitmuseum/Plan_your_visit/exhibitions/cosmonauts.aspx

※公式プロモーション映像

そもそもサイエンス・ミュージアムとは

IMG_7578-s

その前に、そもそもロンドンのサイエンス・ミュージアムとは一体どんなところなのか、最近の動きとともに軽く触れておきたい。

名称 Science Museum
住所 Exhibition Road, South Kensington, London, SW7 2DD
最寄りの駅 地下鉄サウスケンジントン駅より徒歩5分ほど
営業時間 10時より19時(最終入場は18時15分)
入館料 無料(ある程度の寄付が推奨されているが任意)
公式サイト http://www.sciencemuseum.org.uk/home.aspx

産業革命以降の科学・工業・情報技術の展示がメインとなっているロンドン屈指の名門博物館であり、数多くの極めて貴重なコレクションを有する大型施設でもある。歴史ある外観とは裏腹に、中は非常にモダンでクールな雰囲気で統一されており、SFチックな展示箇所もある。また大型のIMAXシアターも併設されており、定期的に一般映画の上映も行っている。目玉は博物館エントランス部に鎮座している19世紀中頃に開発されたコーリス蒸気機関。1日に数度、モクモクと蒸気を吹き出しながら実際に稼働する様子を間近で見学し、蒸気機関を肌で体感することができる。

宇宙イベントも大盛況inロンドン

IMG_7492-s

パブリックビューイングに集まった人たち

せっかくなので、最近ここで行われた宇宙イベントも紹介しておこう。意外と思われる方も多いと思うが、今までイギリス人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションを訪れた事がなかったのだ(アメリカとの二重国籍で宇宙へ行った飛行士は多い)。とにかくイギリス初の快挙という事で、12月15日に行われたロケット打ち上げはイギリス中で大盛り上がり。あの高級新聞『THE TIMES』紙も2日連続で一面で報じるなど、その注目度は非常に高かった。日本人宇宙飛行士・油井亀美也さんが帰ってきたばかりだが、Tim Peake氏はそれと入れ替わる形で宇宙に飛び立ったのだ。

IMG_7512-s

(ソユーズ宇宙船から宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに乗り込む際のライブ映像)

そんなこともあり、サイエンス・ミュージアムでは打ち上げ日に大規模イベントを実施。打ち上げのライブパブリックビューイングや、人類初の宇宙遊泳を行った旧ソ連の英雄・アレクセイ・レオーノフ氏の講演(ちなみ公式サイトに超貴重な講演音声がアップされている)など多数のイベントが実施された。さらにイギリスらしいのが、なんとこれらのイベントを深夜にアルコールとともに楽しむ事ができるという大人っぷり。イギリスでは公共の施設がアルコールを提供するのが当たり前になっており、ビール片手に博物館を自由に歩き展示物を鑑賞できる素晴らしい風土があるのである。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。